VMware vSphere Hypervisor (ESXi 4.1)で

やっぱり無償だから仕方ないんだけど、ハイバイザーからハイバイザーへの移動なども出来ると嬉しいよな。

VMWare ServerなどからVMware vSphere Hypervisorへの移行はVMware vCenter Converter Standalone Client使えばいいんだけど、ネットワークとか初期化されちゃうから、固定IPで使ってたものは再設定しないといけない。

これはあくまで私の環境で出来たと言う事で、他ではどうかわかりませんが、VMWare Server 2で作ったVMを直接データストアブラウザを使ってコピーしイベントリに追加したら動いちゃうんだよね。当然VMWare toolsは再インストールに名ちゃうのかもしれないが。

そういう意味ではデータストアブラウザを使ってサーバー1からVMをダウンロードしサーバー2へアップロードすればOKなんじゃね?

ちょっと面倒だけど。vSphere Essentials Plusを買えればいいんだけど、これ企業じゃないと買えないレベルの高さだよね。残念ながらvSphere EssentialsじゃVMotionが使えない。別にHAがしたいわけじゃないんだけど。VMが止まっていることが前提でいいから移動できるようにしてほしいよな。

ついでにvSphere Clientで同時に複数のサーバーも・・・。無理だよな。ならXen Serverでも使ってろって話になっちゃうもんな。

まあ、私的にハイバイザーが何であろうがいいんだけど、安定性と低オーバーヘッド。これだけ揃えばいいんだけど。まだXen Serverを本格的に使うには安定性はいいにしてもオーバーヘッドが大きすぎるんだよね。Xenそのものの最新版ならあれかもしれないが流石にこの歳になるとコマンドラインでってのが億劫で。

それでもまあ、内向け用のVMはサクッと移行が終わり、私のパソコンもそれに伴って軽くなった。まだ1つだけ残っているんだけど、まあ、Xeonへの入れ替えとメモリーの増設、iSCSIを喋るNASを買ってからだな。Express5800/GT110bもあと2台欲しいしw

それにしてもいろいろやってみないとわかんない事って多いですわ。VMWare Serverなんか楽ちんだったのに。こいつが開発停止にならなければ・・・いやESXiに移行してただろうな。

「VMware vSphere Hypervisor (ESXi 4.1)で」への8件のフィードバック

  1. ふつーに出来んじゃね? ESXi から ESXi へ。Converter で。OVF で Import/Export しても良いし。
    vMotion は ストレージが必要っすよ。ReadyNAS NV+ って iSCSI Target になれないよね。手っ取り早いのは FreeNAS か StorageServer2008 かな。
    CentOS 使いなら Xen じゃなくて KVM なんじゃないの?
    そのうち TFTP サーバ立てて PXE ブート環境を整えると予想。
    Enterprise 提案したら通っちゃって慌て中…

  2. OVF で Import/Exportなんだ。知らんかった。ありがとう。
    iSCSIは喋るように設定してるけど使ってない。30MB/sしか出ないしね。
    予定では、iSCSI喋る高速なRAID1なやつかFreeNASを予定してます。
    OSは、WindowsからLinuxまでなんでVMWareが最適化と。
    Enterpriseかいいな。
    私も今年中に会社作る予定だから、せめてなんてねw
    それにしても無料版は制限が多すぎる気がする。VMWare Serverよりは全然マシだけど。

  3. 30MB/s は厳しいな。今さら USB 並みな速度には戻れませんわ。
    なんだかんだで StorageServer2008 が速いんじゃね? CIFS でも iSCSI でも。
    私は RAID に全く興味がないので、今さら Port Multiplier なストレージでも組もうかと。良いケースが無くて猛烈探し中。
    microserver、惜しいんだよな。かといって、Century(CRIB535EU3)に3万も出したくなくて。

  4. 30MB/sだと家庭内PCのバックアップにはいいけど、ほかに用途無って感じ。
    FTP,HTTPの貸し出しするんでRAID1は必須なんだな。データ壊れたぞ( ゚Д゚)ドルァ!!ってのは面倒だから。まあ無償なんだけど。
    StorageServer2008は内向けならライセンス的にいいけど、外向けだとどうなるのかな。ネットワーク的には微妙だけど。それよりOSのオーバーヘッドの方が気になるな。HDD, メモリー含め、
    FreeNASならUSBで起動できるし。
    まあ、ReadyNAS Ultra2買ったらFreeNASも引退の可能性があるけど。
    Ultraシリーズいいよ。

  5. Ultra って良さげだね。2年前なら考えたかも。既に HomeServer で実現出来てる機能ばっかりだからなー。iSCSI は当面使わないし、CIFS ならたぶん HomeServer の方が FreeNAS よりも速いだろうし。
    あ、今の仕事に Ultra6 良いかも。15万ぐらいなら買えそう。ストレージ 2U*4 をピストン輸送して 100TB 近いデータを物理輸送をしなきゃなんなくてさー。10TB のこいつを参加させたら1往復減らせるよ。さんくす。

  6. Ultraはコスパいいからね。速度も出るし。ちなみにCIFSよりiSCSIの方がスピード出るよ。
    サポートが永久保証だからほかのメーカーに目が向かなくなるのが難だけどね。

  7. toris gariさんこんにちわ。
    企業じゃないから保守なんて結ばないし、ライフタイムなんてほとんど意味をなさないのは十二分に自覚しております。
    壊れたら買い換える、ただサポートで解決できる可能性がある方がいいという話です。
    特に日本のOEM製品はサポートがあって無いも同然なものよりましと言う事ですね。

コメントは受け付けていません。