FMV-BIBLO LOOX U/B50N

富士通 「FMV-BIBLO LOOX U/B50N」~565gのAtom搭載コンバーチブル型UMPC(PC Watch)

なかなか面白そうなUMPCが出てきたようですね。

中でも気に入ったのが、

ワイヤレス機能は、試用機ではIEEE 802.11 a/g/n対応の無線LAN機能を搭載(コントローラはAtheros AR928xを採用)していたが、カスタムメイドモデルでは無線LAN機能を省くことも可能。また、ワイヤレスWANを搭載するモデルも用意される。

この小さなボディにドラフトなn対応を搭載するとは羨ましい。うちの無線LANもn対応な奴なんだけど、接続しているのがPSPとWILLCOM D4。どちらも対応していないので宝の持ち腐れ状態。

それと、

内蔵ストレージは、1.8インチHDDまたはSSDが選択可能となる。1.8インチHDDでは60GB/80GB/120GBの中から、SSDでは64GBをそれぞれ選択できる。試用機では60GBの1.8インチHDDが搭載されていた。

価格的にどうのこうの言わないで、更に寿命が短い事を許せるのであればSSD、私の様にとにかく容量重視であれば120GBが選べるのはいいな。D4なんてリカバリー領域があるので実質30GBだもんな。

でも、このサイズで容量があっても使い道に困るのは間違えない。だって、このサイズ、絶対にメイン機として買うものじゃないもん。用途的に120GBなんて、絶対使い切れない自身ありますw

それから、

解像度がWXGA(1,280×800ドット)表示に対応しているという点だ。

は、流石にやりすぎじゃないかと思うよ。うちのD4でも1024×600だが、ちょっと文字が小さいなって感じがする。のに更に高解像度とは、設定で文字サイズを大きくしないと、常用は厳しいそう。

この記事で一番羨ましく思ったのが、

また、バッテリ駆動時間だが、内蔵バッテリパック(L)を取り付けた状態で、液晶輝度を最大に設定し、無線LAN機能やBluetoothも常にONにした状態で、テキスト入力やデジカメ画像の表示などを中心に使ってみたところ、3時間経過してもまだ残量が50%ほど残っていた。

です。D4で大容量バッテリーを使用しても3時間程度しか持ちません。

まあ、通勤時間が1時間半弱なのでバッテリーで困る事はありませんが、長時間持つのは、安心感があってとてもいいと思う。

ここで負け惜しみを言うなら、D4はPSPスタイルでマウスカーソルもマウスボタンも操作できるので、閲覧系の作業なら、カバンから周りを気にせずに取り出して見れます。キーボードも必要なときは、最近の携帯電話のように上にスライドするとキーボードが現れるので、楽々入力。

あと、価格帯がちょっとこれまでASUSやHPが出しているものより遥かに高いという事かな。カスタムメイドモデルで123,800円からとなると、モバイル目的じゃなければ、普通の小型ノートPCが買えちゃうから微妙ですよね。

それでも、UMPCやネットトップ、MiniPCといったカテゴリーで選択肢が一つ増えた事はいいことだと思います。

入院させてきました

午前中にプラザへ持ち込み、入院させてきました。

やっぱり、MACアドレスが変更される可能性があることや場合によりHDDも初期化される可能性があることを告げられました。

でぇ、チェック項目にパスワードが設定されている場合は解除してくださいってのがあり、仕方なくD4の電源を入れて、パスワードを削除した。

その上で、USBシリアルドライバとW-SIMモデムドライバのバージョンアップを同時に受け付けますとの事。この場合、HDDは初期化されますだと。なるほど、リカバリーもバージョンアップされたものが入るわけか。

ん、って事は、またリカバリーディスクの作成を行わなきゃいけないって事か・・・。

もうスタックのDVDメディアが無いので、退院と同時にDVDメディアも買うとするか。

これで2~3週間は、通勤時には携帯でゲームでもして時間を潰すか・・・。

入院

どうも、ボクです!

入院といっても私が入院するわけではありません。

「WILLCOM D4」の電源オフ状態での省電力機能を強化する対応(無償)実施について

ってわけで、予約購入組みの私のD4も対象になるわけです。

それにしても、無償交換じゃなく修理ってのがすげ~よなぁ~。

ほぼ2週間入院するわけで、それだけ時間を掛けるなら無償交換の方がいいような気がする。

一番気になっているのは、

今回の対応により、無線LANのMACアドレスが変わることがあります。

って、一体どんな修理をするのやら。

まあ、液晶にドット抜けが無いので、交換されてトッド抜けが出たら嫌なので、修理でもいいのかな。

ついでに、

シャープ製「WILLCOM D4」ソフトウェアバージョンアップのお知らせ

で、USBシリアルドライバとW-SIMモデムドライバが出てきた。

こちらは、明日入院するので、退院したらパケ詰まり等のチェックをしてみたいと思います。

退院したら、やっとマトモに使えるマシンに変身です。

だからといって、誰にでも勧められるマシンではないのは確かですね。

私のライフスタイルには、バッチリマッチしてますけどw

WILLCOM D4の不満

通勤時、仕事場で活躍しているWILLCOM D4ですが、幾つかの不満がある。

  1. 熱暴走でキーボードもマウスも使えなくなる事がある。
  2. PHS通信でのパケット詰まりによる、ネットの不通。
  3. PHSの感度が悪いかも。
  4. 無線LANが時々不通になる。
  5. HDDの空き容量が少ない。
  6. 放置中でもブルースクリーンが発生する。
  7. シャットダウンしても意外とバッテリーが消費される。

“WILLCOM D4の不満” の続きを読む

WILLCOM D4用RGB/USBケーブル

先日、ウィルコムストアで注文していたRGB/USBケーブルが届いた。これでプレゼンもバッチリです。

この記事もメイン機のモニターに接続して書いています。

ウェッブを閲覧したりメールしたりするくらいならほぼストレスなく利用できています。

まあ、難を言えば、IMEの変換にもたつくことがあるくらいですかね。

キーボードもマウスもBluetoothなのでメイン機のキーボートとマウスの交換も楽だし、ミニディスクトップとしても十分使えると思います。

あと、電源プランをバランスにしているんですが、ガシガシ使うと、本体が意外と熱くなります。

WILLCOM D4がブルースクリーンで異常終了する件ですが、どうもW-SIMを使用してPHSで接続している時になる可能性が、私の環境では高いです。なぜかというと、無線LANを使用して使っている限りにはブルースクリーンにお目にかかっていないからです。

パケ詰まりといい、W-SIM自体のファームの問題かドライバーの問題だと思います。

何はともあれ、RGB/USBケーブルが届いたおかげで、メイン機との切り替えがモニターのデジタル・アナログの切り替えでできるので便利ですね。

今日は朝から、持ち帰った仕事の続きをしているのですが、ちょっとブログでも書こうかという時に、キーボードとマウスの入れ替えだけで済むのはとても幸せです。

どうせ、仕事場にWILLCOM D4を持ち込んでいるので、仕事で使用する環境を作って、WILLCOM D4でプログラム作成でもしてみるのも面白いかも。

あれ?私って仕事がこんなに好きだったっけか?

今日のWILLCOM D4 その2

今日はパケ詰まりをおこさないようにとBecky!しか動かさないで、仕事先で使った。

結果、パケ詰まりが4回。

ブルースクリーンで自動再起動が2回。

初期ロットの楽しさ、プライスレス。

って感じの一日でした。

仕事が忙しく、家では全然起動してませんが、仕事先でメールのチェックが楽です。

やっぱり、通勤電車の中で利用できるからさらにいい!

ただ、標準バッテリーではたま~に電池切れを起こすから、パケ詰まりが発生すると、最悪再起動でバッテリーに厳しいです。

パケ詰まりした時はW-SIMを一度抜いて挿せば大抵復活するのですが、接続先一覧に「CLUB AIR-EDGE」が現れなくなるので、「IIJ4U」の契約は続行になりそうです。

D4用にSDHCが欲しい

いろいろ調べてみるとWILLCOM D4でReadyBoostが有効になるらしい。

流石に8GBはちょっと高いので、4GBのサンディスク Ultra II SDHC カード 4GB が欲しい。

皆様の温かい訪問のおかげでそろそろGoogle AdSenseから報酬の支払いがあるはずなので、そのお金で購入しようと思います。

元々、WILLCOM D4はClass 4以上を非対応としていて、なおかつ、USBにカードリーダーを付けた方が内臓で利用するより早いといった特徴を持っている。

じゃあ、なんで内蔵するかというと、体感速度のアップよりもHDDへのアクセスの低減とバッテリーの消耗対策用です。

まあ、8月になればウィルコムから大容量バッテリーがプレゼントされるので、SDHCカードが必要かと言われると、まあ気持ちどうせSDHCスロットがあるのだから埋めてしまいたいと自己満足に尽きるんですけどね。

今月はWireless Laser Mouse 8000 とMajestouch Wireless FKBT108ML/JB を買っているので、ちょっと我慢かな。

まあ、気分次第では8GBのを買っちゃうかもね♪

D4のPHSは使えない その2

D4のPHSは使えないで書いた結果がウィルコムから連絡がありました。

本件につきましては、現在、弊社担当部署を通じて、端末製造メーカー(SHARP)側において、確認を行っております。

2chを見る限り、この現象は私のWILLCOM D4の特有の問題ではなさそうです。

シャットダウンしてようが休止してようが、バッテリーが減っていく現象もあれですが、W-SIMが安定して使用できないと困るんだよな。

とにかく、SHARPさんには頑張ってもらって、アップデータを一日も早く公開して欲しいものです。

今日のWILLCOM D4

今日は、昨日のようにPHSの通信で不具合が出なかったWILLCOM D4です。

あと、Windows Updateのせいなのか、ViewStyleでも、ドラック&ドロップなのが出来るようになってる。何が原因かは不明ですか、使えるようになったことはいいことです。

あときになるのは、左に配置されているマウスボタンですが、少しは症状が出なくなりましたが、たまに反応しないことがあります。

仕事が忙しく、自宅では食事してもろもろして、就寝って感じなので、会社でしかWILLCOM D4を使う機会がないのがちょっと残念です。

あと、接続先がデフォルトで、「CLUB AIR-EDGE」が無料で使えるのですが、まだ、「IIJ4U」を削除する気になれません。何となくだけど、「IIJ4U」の方が安定して通信できている気がする。この辺りはもう少し、両方を利用してどうするか考えないといけないと思っています。

届いてから2週間近くになりますが、メーラーのみ動いている状態で、放置しておいたら、ブルースクリーンに出会いました。VistaもXPに負けずブルースクリーンが出るんですね。ちょっとがっかり。

それはそれとして、通勤時にWILLCOM D4を使っているので、あっという間に目的地まで到着してしまいます。通勤時間を有効活用できるWILLCOM D4は、私にとってはなくてはならないアイテムになりつすあります。

だからと言って、WILLCOM D4は誰にでも進められるPC?ではありません。それなりの知識がないとどうにもなりません。まず、電話としても利用できますが実用性は0です。他のミニノートよりキーボードが小さくて、なれないと打ちにくいです。PHSを利用するので、モバイル時の通信速度は激遅です。見た目もPSPの大型版みたいです。

これを買って活用できそうな人って、このサイズでフルスペックのVistaが動くのがいいとか、ウィルコムの信者とか、シャープ命って人とか、ですかね。

でもまあ、私にはWILLCOM D4は可愛い息子です。

D4のPHSは使えない

W-SIMのドライバーが悪いのかファームが悪いのか、「CLUB AIR-EDGE」へ繋いでも、「IIJ4U」へ繋いでも、不定期に通信が不通になる現象があります。

この現象が発生すると切断もできなくなります。うまく切断されたように表示されても、再接続ができなかったり、接続先一覧に「CLUB AIR-EDGE」が表示されない現象が発生しています。

まず、うまくいけば最短で利用可能な状態に出来るのが、一度W-SIMを抜いて、再度刺しなおす。これで接続できればラッキーですね。この時にも接続先一覧に「CLUB AIR-EDGE」が表示ことがありました。

まあ、結局、最終的には再起動することになるんですけど。

ちなみにBecky! Ver.2のみの起動で10分単位で巡回してるだけです。

これじゃ使い物にならないので、ウィルコムに( ゚Д゚)ゴルァ!!しておきました。

あと、無線LANも見えていた他のマシンの共有が、突然マシン自体見失うことがあります。まあ、これは無線LANを再接続すれば解消するので、我慢できますけど・・・。