引っ越し

なにかとメンテナンスが面倒な自宅サーバーをやめるべく、レンタルサーバー探しをしてました。

もう、何年も前からです。

取り敢えず移すなら、さくらのレンタルサーバでもよかったんだけど、メアドがドメインが違ってもユーザー名はユニークにしなくちゃいけないという制限があったもので、躊躇してました。

それに、ちょっとしたアクセスの増大ですぐにアクセス制限されちゃうので、複数ドメインの運用には向かないかなって。特にWordPressみたいに、常時PHPがHTMLを吐き出すものだと。

少し話を戻して、重い腰を上げる理由になったのが、LANケーブルの経年劣化です。自宅サーバーでは2つのドメインを運用していました。

外部からVPNで家庭内LANに入る口を開けていたのですが、流石に物理的に壊れたものは直せず。

一週間くらい吟味しました。レンタルサーバーを。マルチドメインでの運用になるので、管理しやすいところがいいなって。今運用しているサイトは1つを除いてWordPressになるので、サブドメインの数も入れたMySQLが必要になります。さらに言えば、さくらのレンタルサーバより速いこと。

そんで、結果として残ったのが、XSERVERです。X20のプランで契約したので、ディスクの容量もそう簡単にはなくならないでしょう。MySQLも70個まで使えるし、余裕綽々って感じ。

 

試用期間中に1サイトを無理やり引越ししました。ちょっと設定が復元できなくて焦ったけど、まあ、想定内だったのでよしと。

もう一個は、リニューアルしようかと思ったけど、風邪のため頭が働かず断念してそのままひっこしました。

どちらも、ドメインの管理はスタードメインです。そのせいなのかDNSをちょちょっと変更するとすぐに浸透してあっという間に引っ越し完了。

あとは、自宅サーバーの火を落とすだけ。XeonなCPUで格好よくサーバーライフを楽しんでいたんだけど、当分自宅サーバーに火が入ることはないでしょう。

 

XSERVERですが、X20以上の契約をするとドメインが1個、契約の更新料も含めて無料になるサービスを行っていたので、ありがたく頂きました。こっちは、なかなかDNSの設定が浸透せず焦りましたが、30分ほどで浸透しましたかね。

 

最後の問題は、このブログ自体ですね。記事を全然書かなくなったので、アクセス数もほぼなしに近い状態。なのでパーマリンク等も含めて、WordPressの仕様に合わせようかと計画中。もしかすると、ドメインそのものも変更するかもです。やってもいいんだけど、それやると、さくらのレンタルサーバが空っぽになっちゃうことかな。

まあ、新しいテーマができてから考えよう。

HP ProLiant ML110 G6壊れたかも

 HP ProLiant ML110 G6が2台あり、そのうちの1台がパワーを入れてもBIOSの画面が表示されず、ファンだけが唸り続ける。

ここ数か月使っていなかったが、FreeNASとかで遊んでいただけなのになぜブートしなくなったのかな。日ごろの行いが悪いからかな。

3連休も今日で終わりなので、来月の3連休で最低限のパーツにして、ケーブル関係を刺し直し、それでだめならまた安サーバーを購入しなきゃな。

Ubuntu 11.04から12.04 LTSへアップグレード

現在、内向けDNSが1VM、WEBサーバーが2VM動いている。

最悪の場合を考えてスナップショットを取りバックアップ。

$sudo do-release-upgrade -d

SSLを使用しているVMが1回目は失敗して2回目で難無く成功。

やっぱり、稼働しているプロセスが少ないので失敗しにくい模様。MySQLとかはパスワードなどを聞かれますが、インストール時に設定したものを入力するだけなので問題なし。

ゴールデンウィークはマシンのメンテナンスにはちょうど良いです。

FreeNAS-8.2.1-ALPHA

FreeNASの8.2系なんだけどアルファバージョンが続き、なかなか私の使用範囲では安定してくれない。

iSCSIは取り敢えずWindowsから使う範囲では問題なさげ。

問題はCIFS、Windows共有なんだな。ベンチするくらいなら問題ないんだけど、複数のファイルをコピーすると幾つかのファイルでコピーに失敗した旨のダイアログが出て、再試行しても無駄。スキップすれば該当ファイル以外はコピーを続行する。

そのコピーに失敗したファイルを単独でコピーすればコピーできるので、CIFSの実装の問題かもしれない。

CPUもCeleron G1101なので圧縮のオプションを入れると劇遅なので取り敢えずオフ。

何よりディスクが遅い。分かって買ったんだけど、SATA3で5400rpmはSATA2でも速度は変わらないだろうね。

しっかし、地震やら洪水やら天災が多かった去年一年の影響がいまだに色濃く残っているのが分かりますね。

おかげさまで、FreeNASでバックアップのバックアップを取るための入れ物が出来ない。

そう言えば、8.2系でプラグインが出てるみたいだな。取り敢えずマルチメディア系の事はまだ先になりそうなのが悲しいね。

将来的にはメーカー製ハードディスクレコーダーをやめて、パソコンで録画、DLANなどを使用して映像配信なんてしたいんだけど、妻帯者で安月給な私には指を何本増やせば数えられるか分かりませんわw

最近はナイトビルドを追いかけるのを停止して、ベータになるのを気長に待つ私です。

 

 

サーバー監視用パソコンを物色中

なんだかんだ仮想サーバーが増えていくとパブリックに公開しているものもあり、監視用のパソコンを物色中。

中古のノートでもいいんだけど、中古だとPATAなハードディスクを使用している物がほとんどで、消費電力的にも騒音的にもあれなんだな。

Willcom D4をと思ったが、発熱が酷過ぎて無理。

安価なSATAな奴を買ってSSDに換装するのがコストパフォーマンスが良さげ。出来る事ならLinux系が楽にインストールできればベストかな。FreeBSDでもいいんだけど。

監視専用だからトータル5万位で何とか済めばいいかな。

何せ予算が無いものだから。他にもUPSやらいっぱい買うからな。

“サーバー監視用パソコンを物色中” の続きを読む

ESXi5.0とFreeNAS8ナイトビルド

FreeNAS-8r7570-amd64.isoもハズレでした。

FreeNAS 7.2の最新ビルドが暫定ながら対応して使える状態なので、残念です。

freenas istgt[1836]: istgt_iscsi.c:2088;istgt_iscsi_op_login: ***ERROR lu_find_target() failed

なんてコンソールに出ているので、ESXi 5.0のログイン周りのロジックが変わったみたいですね。

どっちが問題なのか分かりませんが、業務用に売られているiSCSI対応のNASも使えないのがあるようなので、これ以上追及するのが面倒。

早く使えるようにならないかな。

ESXi 5.0でFreeNAS 8がiSCSIターゲットになり切れない

FreeNAS-8r7520-amd64.isoでやっとストレージのデバイスが認識されるようになった。

1.gif

これで使えるかと思ったら・・・。

“ESXi 5.0でFreeNAS 8がiSCSIターゲットになり切れない” の続きを読む

決めかねるストレージサーバー

OSSや昨日限定無料版と数種類あるNASディストリビューション。

使って一番良かったのはopen-eですかね。ただ、2TBまでしか使えないので、我が家のストレージサーバーにするには無理。

予定では2TBのRAID 1を2つ作る予定なので、open-eがもう少し緩めて、出来れば有償版ももっと安くしてくれればいいのに。設定は簡単だし、ESXiからも問題なく認識するし。

FreeNAS 7.2がWindows 7からは見つけられて接続できるのにVMware vSphere Hypervisor 5.0からは見えるけどiSCSIのデバイスが見えない。わけわかめ。

OpenFilerはディスクが他のOSなどでフォーマットされていると何もできないし、CentOSのライブCDでもパーティションの削除すらできない。

結局、母艦のWindows 7の外付けケースに入れてDISKPARTでcleanで初期化。

VMware vSphere Hypervisor 4.1の時は問題なかったのにな、FreeNAS 7.2。

一番の問題はVMware vSphere Hypervisor 5.0からopen-eのISCSIターゲットしか見えない事かな。FreeNASのナイトビルドでも見つけないんだよな。はてはて。

VMware vSphere Hypervisor 5.0でFreeNASの様なディストリビューションでISCSIターゲットに接続できるの、誰か教えて><;

VMware vSphere Hypervisor 4.1のままの方が良かったかな。

“決めかねるストレージサーバー” の続きを読む