Published: 
日記

まだ、横浜より札幌へ引っ越してきて一ヶ月ちょっとしか経っていないのに、いろいろな諸事情で横浜方面へ戻らなくてはならなくなりました。

まだ予定なのですが、9月末くらいまでには目処を立てて戻る予定です。

借金は相当量減ったのですが、今後も継続して仕事があるか不安な面もありますが、こればっかりはどうしょうもありません。両親もこれが戻るためのきっかけなのだからと、賛成はしています。

ただ、部屋を借り、最低限の家財道具を買わなければいけないので、並大抵の我慢じゃ済みませんし、今まで以上に積極的に営業をし、間が開かないように仕事をする事が前提になります。

急に戻る事になったので、取り合えず安アパートでも探して、お金を貯めた後にでも、相方が好む部屋へ引越ししようと思います。

今までのように、取り合えず頼めば、仕事が頂けるだろうって考えを捨てて、積極的になろうと思います。

まだ、戻るには時間があるので、こちらで出来る仕事は、満足いくものを納品し、信頼を得て継続した仕事に結びつけばいいと思います。

それにしても、布団、冷蔵庫、洗濯機、ガスレンジ、テレビ、テーブル、食器、電子レンジなどなど、最低限購入しなければならないのが、今の状態では考えられませんが、引越しするまでにはなんとか購入できるだけの資金を貯めたいと思います。

私と相方の両親・兄弟姉妹、私の子供には、非常に迷惑を掛けましたが、なんとか元の生活を復活すべく努力いたしたいと思います。

流石に、引越し屋を頼んでの引越しではお金が掛かり過ぎるので、どっかの単身赴任パックに入るだけ、私と相方&子供の荷物を送り、残りは札幌への帰省時と同様に、私と相方は車に乗せれるだけ乗せて、移動しようと思います。

新居での生活の準備が出来次第、子供は飛行機で来るって感じですかね。

それにしても、戻れるのはうれしいですが、私の仕事の都合ではなく、他の要因での急な引越しなので、自分自身もどうしていいかわからない状態ではありますが、人生やら無きゃならない時には、全力でやるしかないですね。

これは、前から思っている妄想ですが、固定電話は使用せずに、IP電話にでもしようかと思っています。固定電話の使い道ですが、生活が順調になったら、FAX専用に復活させればいいかなって妄想中。

明日、明後日は、仕事の質問の待ちなので、数時間の作業で済むので、家財道具をどうするか、予算はどの程度にするかを考えて生きたいと思います。

私は取り合えず、札幌への引越しにあまり反応はありませんでしたが、相方は意外と反響があったので、また、彼女もブログ再開の目処がつきましたので、今後とも、私と相方をよろしくお願いいたします。

冗談か本気か、リサイクルショップで安く購入するのもありかな。。。

横浜へ戻るまでの経過に関しては、一つ一つご報告できればと思います。

こういう時に、「お~そうか、こういう仕事があるんだけど、やってみる?」な~んて都合がよければ、十分に横浜に根を下ろし、健全な生活が出来るのですが、これはある意味、運ですからね。

先がさっぱろ見えてないので、電話だけの確認だけじゃなく、各社に出向いて、ちぃいさな仕事でも仕事なので、どんどんこなすつもりではいます。

最後の決断としては42歳で実家に戻らなければならない事態を反省し、もう、買えるところは無いと心に決めて、頑張ります。

私事で凝縮ではありますが、最後まで読んで頂けたあなたにも、幸運が舞い降りている事を祈って閉めさせていただきます。

0