XSERVERにてWordPressのマルチサイト化 その2

タイトルが間違ってました。なので再度雑記をと。

マルチサイト化ですが、何度失敗したことか。

MovableTypeを使用していた時は、なんの疑問も持たず、マルチサイト化できていたので、心が何度折れたことか。

思うに、XSERVERのようにドメイン、サブドメイン単位でディレクトリーの構成が決まってしまうレンタルサーバーではマルチドメイン化は、普通にやると失敗してしまう。

さくらのレンタルサーバのようにディレクトリーの構成を自分で指定できるレンタルサーバーでは問題なくできてしまう。

私の場合、Wordpressをインストールするサブドメインともう一つのサブドメインでディレクトリーを個別に設定してしまい、撃沈されたわけですが。

まだ、初期状態の確認をしただけですので、このブログをそちらに引っ越ししながら、記録に残していけばいいかなと、のんびりと構えてます。

前提条件

XSERVERのような、ディレクトリを指定できないレンタルサーバーか、ディレクトリ構成を設定できるがすでに使用していて、移動が困難な場合を前提にしています。

また、SSHが利用でき、lnコマンドが使えることが最低条件になるかと思います。

嘘があったら、コメントでお知らせください。

WordPressをインストール

まずは、Wordpressをインストールするメインのドメイン(サブドメインでも)を決めます。

インストールは普通に行ってください。

設定ファイルの編集

WordPressの設定を変更しないと始まりません。『wp-config.php』ファイルを変更します。

define(‘WP_ALLOW_MULTISITE’, true);

WordPressに入りなおすと、『ツール』に『ネットワークの設定』なんていうメニューが追加されます。

ここで必ず『サブドメイン』を選択してインストールしてください。

最後に、『wp-config.php』と『.htaccess』ファイルを変更しなさいと表示されますので、変更してください。

サイトの追加

この辺りは、それぞれ適切な値を決めて作成してください。

プラグインのインストール

複数ドメインの運用にはプラグイン『WordPress MU Domain Mapping』を使います。サブドメインの場合にも必要なのかはよく調べていませんが、私がサブドメインを構築した際には、インストールしてマッピングしました。不要なのかもしれません。

いよいよ試してみる

Wordprssをインストールしたサイトは、問題なく表示されると思います。当然、管理画面も。

まず、追加したサイトの管理画面を見てみましょう。エラーで表示しませんね。当然です。とび先のリンクにWordpressが存在しませんから。追加したサイトもエラーで表示されません。

冷静にマルチサイト化の解説サイトをみる

サブドメインにインストールする解説で、いままで書いてきた内容が事細かにスクリーンショットも交えて解説されている。

がしかし、肝心なサイト(論理)と実体(物理)との組み合わせを解説してるところがないので、どうでもいいんだろうと思い込んでいた私がいます。

ある意味、共通化する

ここでは2つのサイトを使用していて、Wordpressをインストールしたサイトは問題がない。では、問題のあるサイトが問題のないサイトを内部(物理)的に参照できるようにします。

WordPressをインストールしたサイトの物理構造をそっくりもう一つのサイトで再現するだけです。ここからは、lnコマンドでシンボリックリンクを張るだけです。

今回は、『http://xxxxx.com/』にインストールしてしまったので、トップディレクトリーに配置したファイルはすべてシンボリックリンクを張り、残りのディレクトリーはディレクトリー単位でシンボリックリンクを張ります。

結果

再度、見れなかったサイトを見てみましょう。管理画面を含めて正常に表示できるはずです。

え?みれませんでしたか?

私と一緒に、勉強しながらチャレンジしてみましょう。

取り敢えず最後に

今回は、サイトのトップにインストールしたので、wpなどのサブディレクトリーに配置しても動作するのか試してみたいです。これには理由がありまして、上記にも書きましたが、ファイルを直接シンボリックリンクしているので、Wordpressのファイルが増減されると、アップデート後に手動で操作しなくちゃいけなくなりますからね。

サイトテーマの骨組みを作りながらので、のんびりになるかもしれません。

これだけでやりきった感がある私って何?

 

NVR500 Rev.11.00.19

NVR500のファームウェアが公開されたようです。問題が起こってない人には関係ないのかな。

リリースノートは以下の通り。

■バグ修正

[1] かんたん設定ページから以下のプロバイダ設定を行うとき、DNSサーバアドレスの設
    定で自動取得を選択すると名前解決が行えないことがあるバグを修正した。
    – PPPoEを用いる端末型ブロードバンド接続(フレッツ 光ネクスト、Bフレッツなど)
    – モバイルインターネット接続
    – 定額課金型ISDN回線端末型接続(フレッツ・ISDN)
    – 従量課金型ISDN回線端末型接続
    – PPPoEを用いるネットワーク型ブロードバンド接続(フレッツVPNワイドなど)
    – 定額課金型ISDN回線ネットワーク型接続(フレッツ・ISDN)
    – 従量課金型ISDN回線ネットワーク型接続

    Rev.11.00.16以降で発生する。

心当たりはないけど、寝る前にでもアップデートすることにしよう。

ubuntu 11.10に日本語デスクトップを入れる

殆どしないけど、することがあると困るのでメモ。

64bit版Ubuntu をインストールしたら Japanese Team のリポジトリを追加し端末で

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja
sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/fonts.conf.d/oneiric-69-language-selector-ja-jp.conf -O /etc/fonts/conf.avail/69-language-selector-ja-jp.conf
sudo fontconfig-voodoo -s ja_JP

を実行する。11.10 未満では ubuntu-defaults-ja ではなく ubuntu-desktop-ja を実行。

リポジトリは以下の通り

  • Ubuntu 11.10の場合:
    wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add –
    wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add –
    sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/oneiric.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
    sudo apt-get update

  • Ubuntu 11.04の場合:
    wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add –
    wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add –
    sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/natty.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
    sudo apt-get update

  • Ubuntu 10.10の場合:
    wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add –
    wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add –
    sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/maverick.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
    sudo apt-get update

  • Ubuntu 10.04 LTSの場合:
    wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add –
    wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add –
    sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/lucid.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
    sudo apt-get update

私の環境がおかしい様で「sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja」 を実行後に再起動するとネットワークが馬鹿になっちゃう。

GNONEは

apt-get install x-window-system-core xserver-xorg gnome-desktop-environment

でいいかな。

決めかねるストレージサーバー

OSSや昨日限定無料版と数種類あるNASディストリビューション。

使って一番良かったのはopen-eですかね。ただ、2TBまでしか使えないので、我が家のストレージサーバーにするには無理。

予定では2TBのRAID 1を2つ作る予定なので、open-eがもう少し緩めて、出来れば有償版ももっと安くしてくれればいいのに。設定は簡単だし、ESXiからも問題なく認識するし。

FreeNAS 7.2がWindows 7からは見つけられて接続できるのにVMware vSphere Hypervisor 5.0からは見えるけどiSCSIのデバイスが見えない。わけわかめ。

OpenFilerはディスクが他のOSなどでフォーマットされていると何もできないし、CentOSのライブCDでもパーティションの削除すらできない。

結局、母艦のWindows 7の外付けケースに入れてDISKPARTでcleanで初期化。

VMware vSphere Hypervisor 4.1の時は問題なかったのにな、FreeNAS 7.2。

一番の問題はVMware vSphere Hypervisor 5.0からopen-eのISCSIターゲットしか見えない事かな。FreeNASのナイトビルドでも見つけないんだよな。はてはて。

VMware vSphere Hypervisor 5.0でFreeNASの様なディストリビューションでISCSIターゲットに接続できるの、誰か教えて><;

VMware vSphere Hypervisor 4.1のままの方が良かったかな。

“決めかねるストレージサーバー” の続きを読む

FreeNASをお試し

今日も暑い中、買い物ついでにパソコンショップにてネットワークケーブルを数本購入してきた。

取り敢えず、1Gbpsを認識しなかったケーブルを撤去して新しいで繋ぎ直し。

設定画面で1Gbpsで認識していることを確認。

数時間後。

“FreeNASをお試し” の続きを読む

SWX2200のアンケートが書けなかった

ゴールデンウィーク中にSWX2200のアンケートを書こうと思っていたが、不意な仕事の延長と体調不良でまったく書けなかった。

今週末は別件の仕事があるので来週末までお預けか。

大した事やってないけど、やってないなりに家庭内LANの主軸スイッチとして使おうと考えているので、目的は至って真面目なんだけど、体調と時間が無い。

就職難の中、無事に仕事をしていられるだけマシなんだけど、ちょっと微妙。

ゴールデンウィーク中にやったことと言えば、住基カードを作ったくらいかな。カード代500円+電子申告用の情報入れるのに更に500円。合計1000円。

次の申告までにカードリーダー選ぼう。鬼が笑いそうだけど。

サーバー含めすべてが同一LAN上にあるとやっぱロスが増えそうだよな。サーバー系と家電系、ゲーム系、パソコン系とポートVLANにしたいけどNVR500じゃやっぱ駄目なんだろうな。アドレス空間だけ変えて気分だけ別ネットワーク・・・淋しい。

せめて、ルーター2台体制でサーバー系とその他を分けてみるか。

あっ、必要なケーブルの本数とそれぞれの長さを計算しなきゃ。なんかいいツールないかな。

言っておくものですね L2セキュリティスイッチ

ひょんなことから、L2セキュリティスイッチを頂けることになりました。

言っておくものですね。欲しいと言って数か月後に、まさか頂けるとは。欲しかったのはただのL2スイッチだったのにセキュリティスイッチに大幅アップ。

多分、Sisco互換のある奴じゃないかな。お高いものを頂けるなんて、なんて幸運なんだろう。

いろいろお世話になっている方からなので、足を向けて寝れませんね。

大きさがラック設置用なので、重いし大きいし、着払いでお願いしちゃいました。

付属品等、どう言った状態で物が届くか分かりませんので、届き次第、上辺だけのレポートをさせて頂きます。

もう、感謝感謝。もう何でもしたがっちゃいますw

自宅サーバーの外堀がどんどん埋まっていく。

土日には注文しないとな。物によっては3連休開けてからになっちゃうかもね。

なにせ、ちゃんと把握した状態でパーツを揃えたいので。

昨日のやっとサーバーが整いそうで漏れてたものあり。ネットワークカード2枚追加です。

これで、家庭内LANからのみサーバーへアクセスと、サーバーストレッジ間、サーバーとルーター間が独立できる。

もう、やれるとこまでやっちゃいますかね。サーバーラックが欲しくてたまらなくなっちゃったよ。

VMware vSphere Hypervisor (ESXi 4.1)で

やっぱり無償だから仕方ないんだけど、ハイバイザーからハイバイザーへの移動なども出来ると嬉しいよな。

VMWare ServerなどからVMware vSphere Hypervisorへの移行はVMware vCenter Converter Standalone Client使えばいいんだけど、ネットワークとか初期化されちゃうから、固定IPで使ってたものは再設定しないといけない。

“VMware vSphere Hypervisor (ESXi 4.1)で” の続きを読む

DMZの甘い罠

最近(でもないけど)、自宅でサーバーを立てるのが簡単だよって説明しているサイトがあるんだけど、そりゃインターネットに接続していれば誰でも簡単にサーバーを公開できる。

その中でも怖いのが「DMZ(非武装地帯)にサーバーを置くだけでOK」なんて簡単に書いて終わっていて、DMZがどういったものであるか説明していないサイトが多い。

相当知識がない限りはNAT(ネットワーク・アドレス変換)等を使用した方がよほど安全なのに。

“DMZの甘い罠” の続きを読む

GA-X58A-UD3RのオンボードNIC死亡

ルーターをとか書いてましたが、通知領域のネットワークに×が付いていたのですが、ハードが壊れる前兆だった模様。

本日、パソコンに電源を入れると「認識できないネットワーク」とか出てきて、サブのWillcom D4で探しても怪傑ぜず、ケーブル変えたりBIOSでON/OFF切り替えて起動してみたり、全然解決せず。

ん、と思いハブを見るとリンクしてねーじゃん。うは、チップは正常にWindows 7からも認識しているので、チップからLANの口までの配線が断線した可能性大。

“GA-X58A-UD3RのオンボードNIC死亡” の続きを読む