MSI GTX 980 GAMING 4G 買っちゃった

玄人志向 GF-GTX670-E2GHD を使ってきました。

別段不満があったわけではありません。

オンラインゲームをほとんどしなくなって久しいですが、全然パワー不足を感じません。

最近、物欲に悩まされ、GTX 970 をあさってました。GTX 960 じゃナンバリング的に寂しいですし、GTX 970 あたりがいいかなって。メモリー関係であれな問題もありますが、私の使い方では全く問題なかったので。

昨日の朝ですよ。ほしくて仕方なくって、それも GTX 980 がです。一番安そうなのを探して、MSI GTX 980 GAMING 4G に落ち着きました。当日に配送可能だってこともありポチッとしました。

AMD へ行かず、NVIDIA 命なわけじゃないけど、AMD に行くには勇気がいるかな。

それはそれとして、この時期だと、普通にブログ書いたり、メールチェックしたりするわけですが、グラボのファンは一切回らずです。静かなPCがより静かになった感じ。グラボの温度は 44℃ ~ 45℃ くらいです。

素晴らしいオーバースペックのグラボです。

 

交換作業内容

  1. グラボの交換に必要なケーブル関係を外す(作業場所が狭いため)
  2. グラボと取り外す
  3. 電源を外す
  4. 電源のプラグインケーブルを6pin x 2から8pin x 2に交換
  5. 電源を取り付ける
  6. 新しいグラボを取り付ける
  7. メモリーの増設を試みたが、CPUファンの環礁でとん挫
  8. ケースを元に戻す
  9. ケーブル関係を戻す

 

さて、無事に起動しました。た。た。

あれ?USBのBDDが動かない・・・。

グラボの交換時にUSBのケーブルが外れてました。

気を取り直し、再起動。

無事、原状復帰?しました。

 

次は4Kモニター2枚目かな(笑)

XSERVERにてWordPressのマルチサイト化 その2

タイトルが間違ってました。なので再度雑記をと。

マルチサイト化ですが、何度失敗したことか。

MovableTypeを使用していた時は、なんの疑問も持たず、マルチサイト化できていたので、心が何度折れたことか。

思うに、XSERVERのようにドメイン、サブドメイン単位でディレクトリーの構成が決まってしまうレンタルサーバーではマルチドメイン化は、普通にやると失敗してしまう。

さくらのレンタルサーバのようにディレクトリーの構成を自分で指定できるレンタルサーバーでは問題なくできてしまう。

私の場合、Wordpressをインストールするサブドメインともう一つのサブドメインでディレクトリーを個別に設定してしまい、撃沈されたわけですが。

まだ、初期状態の確認をしただけですので、このブログをそちらに引っ越ししながら、記録に残していけばいいかなと、のんびりと構えてます。

前提条件

XSERVERのような、ディレクトリを指定できないレンタルサーバーか、ディレクトリ構成を設定できるがすでに使用していて、移動が困難な場合を前提にしています。

また、SSHが利用でき、lnコマンドが使えることが最低条件になるかと思います。

嘘があったら、コメントでお知らせください。

WordPressをインストール

まずは、Wordpressをインストールするメインのドメイン(サブドメインでも)を決めます。

インストールは普通に行ってください。

設定ファイルの編集

WordPressの設定を変更しないと始まりません。『wp-config.php』ファイルを変更します。

define(‘WP_ALLOW_MULTISITE’, true);

WordPressに入りなおすと、『ツール』に『ネットワークの設定』なんていうメニューが追加されます。

ここで必ず『サブドメイン』を選択してインストールしてください。

最後に、『wp-config.php』と『.htaccess』ファイルを変更しなさいと表示されますので、変更してください。

サイトの追加

この辺りは、それぞれ適切な値を決めて作成してください。

プラグインのインストール

複数ドメインの運用にはプラグイン『WordPress MU Domain Mapping』を使います。サブドメインの場合にも必要なのかはよく調べていませんが、私がサブドメインを構築した際には、インストールしてマッピングしました。不要なのかもしれません。

いよいよ試してみる

Wordprssをインストールしたサイトは、問題なく表示されると思います。当然、管理画面も。

まず、追加したサイトの管理画面を見てみましょう。エラーで表示しませんね。当然です。とび先のリンクにWordpressが存在しませんから。追加したサイトもエラーで表示されません。

冷静にマルチサイト化の解説サイトをみる

サブドメインにインストールする解説で、いままで書いてきた内容が事細かにスクリーンショットも交えて解説されている。

がしかし、肝心なサイト(論理)と実体(物理)との組み合わせを解説してるところがないので、どうでもいいんだろうと思い込んでいた私がいます。

ある意味、共通化する

ここでは2つのサイトを使用していて、Wordpressをインストールしたサイトは問題がない。では、問題のあるサイトが問題のないサイトを内部(物理)的に参照できるようにします。

WordPressをインストールしたサイトの物理構造をそっくりもう一つのサイトで再現するだけです。ここからは、lnコマンドでシンボリックリンクを張るだけです。

今回は、『http://xxxxx.com/』にインストールしてしまったので、トップディレクトリーに配置したファイルはすべてシンボリックリンクを張り、残りのディレクトリーはディレクトリー単位でシンボリックリンクを張ります。

結果

再度、見れなかったサイトを見てみましょう。管理画面を含めて正常に表示できるはずです。

え?みれませんでしたか?

私と一緒に、勉強しながらチャレンジしてみましょう。

取り敢えず最後に

今回は、サイトのトップにインストールしたので、wpなどのサブディレクトリーに配置しても動作するのか試してみたいです。これには理由がありまして、上記にも書きましたが、ファイルを直接シンボリックリンクしているので、Wordpressのファイルが増減されると、アップデート後に手動で操作しなくちゃいけなくなりますからね。

サイトテーマの骨組みを作りながらので、のんびりになるかもしれません。

これだけでやりきった感がある私って何?

 

XSERVERにてWordPressのマルチドメイン化

いろいろなサイトを探してたのですがXSERVERではWordpressのマルチサイト化はできてもマルチドメイン化は無理だという記事ばかりです。

でぇ、さくらのレンタルサーバでできてXSERVERではできない理由を考えてみた。

そうか、サイトとディレクトリマッピングの差か。

できる構成

a.com -> /home/test/a
b.com -> /home/test/a

できない構成

a.com -> /home/test/a
b.com -> /home/test/b

確かにできない構成だとWordpressの本体にアクセスできないから動かないわけだ。

そうなんですよ。Wordpressのすべてをb.comが参照する/home/test/bにシンボリックリンクを張ってしまえば同じ状況じゃんと考えた私はあほだろうか?

こんな時間だし、一度のチャンスって感じで、プレゼントで頂いたドメインにサブドメインを追加してWordpressをインストール。

続いてマルチドメイン化。

マルチドメイン化のプラグイン導入とサブドメインの設定。

普通の解説ならここで終わってしまって、XSERVERでは404で終了!

数も少ないし、手動でシンボリックリンクをすべて張る、張る、張る。

お!サブドメイン側のダッシュボードが表示された!

同じ内容が出てないか確かめるのに、メインのドメイン側の記事を削除っと。両方のサイトを表示してみると、できるじゃん。Wordpressすげー。

ってさ、これだけ書いても、わかる人は限られますよね。なんでこんな単純なことを解説してくれるサイトがないんだろう。疑問だ。

近いうちにまとめて解説らしきものを記事にしてみようと心に誓った・・・つもり。最低限、備忘録的なものは書く予定です。

折角、XSERVERを使っているのに、サブドメイン単位でWordpressを運用している方にはすでに時遅しかもしれませんが。

本日、これまで。

MovableTypeからWordPressへ引っ越し

今回、Movable Type Pro 5.2.6からWordpress 4.0への移行過程をメモしておきます。

まず、MovableTypeのエクスポートを行ってみる・・・。ん、何かが足りてない。そうなんです、パーマリンクとかかサックリなくなっています。このままじゃいけないというので検索してみた、ありました。

下記の操作の前に、必ずバックアップを取ってください。

MovableTypeからWordPressへの完全移行方法

どうやら/lib/MT/ImportExport.pmを変更するらしい。

[perl highlight=”2,3,4″]
DATE: <$MTEntryDate format="%m/%d/%Y %I:%M:%S %p"$><MTEntryIfTagged include_private="1">
PERMALINK: <$MTEntryPermalink$>
TAGS: <MTEntryTags include_private="1" glue=","><$MTTagName quote="1"$></MTEntryTags></MTEntryIfTagged>
ID: <$MTEntryID$>
[/perl]

上記の「DATE:」という記述を探し、その下に「PERMALINK」「EntryIfTagged」「ID」の行を追加します。

後はエクスポートです。

エクスポートしたファイルを眺めていると、あれ、パーマリンクの「post-1」などが「post_1」に変わっているではありませんか。これじゃ困るので置換しましょう。

テキストエディタなどで「BASENAME: post_」を「BASENAME: post-」に変換し保存します。安全のため、ファイル名を変更して保存します。

下準備はできたので、Wordpress側のインポートのプログラムを編集しましょう。

WordPress 3.0にMovable Typeのタグをインポートする

まるっと転載させて頂きます。

wp-content/movabletype-importer配下にある、movabletype-importer.php編集。

[php highlight=”27,28,29,30″]
function save_post(&$post, &$comments, &$pings, &$tags) {
  $post = get_object_vars($post);
  $post = add_magic_quotes($post);
  $post = (object) $post;

  if ( $post_id = post_exists($post->post_title, ”, $post->post_date) ) {
    echo ‘<li>’;
    printf(__(‘Post <em>%s</em> already exists.’, ‘movabletype-importer’), stripslashes($post->post_title));
  } else {
    echo ‘<li>’;
    printf(__(‘Importing post <em>%s</em>…’, ‘movabletype-importer’), stripslashes($post->post_title));

    if ( ” != trim( $post->extended ) )
      $post->post_content .= "n<!–more–>n$post->extended";

    $post->post_author = $this->checkauthor($post->post_author); //just so that if a post already exists, new users are not created by checkauthor
    $post_id = wp_insert_post($post);
    if ( is_wp_error( $post_id ) )
      return $post_id;

    // Add categories.
    if ( 0 != count($post->categories) ) {
      wp_create_categories($post->categories, $post_id);
    }

    // Add tags or keywords
    if ( 1 < strlen($tags) ) {
      // Keywords exist.
      printf(‘<br />’.__(‘Adding tags <em>%s</em>…’, ‘movabletype-importer’), stripslashes($tags));
      wp_add_post_tags($post_id, $tags);
    }
  }
  …中略…
}
[/php]

[php highlight=”14,34,42,51,52″]
function process_posts() {
global $wpdb;

$handle = $this->fopen($this->file, ‘r’);
if ( $handle == null )
return false;

$context = ”;
$post = new StdClass();
$comment = new StdClass();
$comments = array();
$ping = new StdClass();
$pings = array();
$tags = ”;

echo "<div class=’wrap’><ol>";

while ( $line = $this->fgets($handle) ) {
$line = trim($line);

if ( ‘—–‘ == $line ) {
// Finishing a multi-line field
if ( ‘comment’ == $context ) {
$comments[] = $comment;
$comment = new StdClass();
} else if ( ‘ping’ == $context ) {
$pings[] = $ping;
$ping = new StdClass();
}
$context = ”;
} else if ( ‘——–‘ == $line ) {
// Finishing a post.
$context = ”;
$result = $this->save_post($post, $comments, $pings, $tags);
if ( is_wp_error( $result ) )
return $result;
$post = new StdClass;
$comment = new StdClass();
$ping = new StdClass();
$comments = array();
$pings = array();
$tags = ”;
} else if ( ‘BODY:’ == $line ) {

…中略…

} else if ( 0 === strpos($line, "CATEGORY:") ) {
$category = trim( substr($line, strlen("CATEGORY:")) );
if ( ” != $category )
$post->categories[] = $category;
} else if ( 0 === strpos($line, "TAGS:") ) {
$tags = trim( substr($line, strlen("TAGS:")) );
} else if ( 0 === strpos($line, "PRIMARY CATEGORY:") ) {
$category = trim( substr($line, strlen("PRIMARY CATEGORY:")) );
if ( ” != $category )
$post->categories[] = $category;
…中略…
}
}
…中略…
}
[/php]

 

上記に加えて

[php highlight=”8,9,10,11,12,13″]
function process_posts() {
global $wpdb;

…中略…

} else if ( ‘COMMENT:’ == $line ) {

$context = ‘comment’;
} else if ( ‘PING:’ == $line ) {
$context = ‘ping’;
} else if ( 0 === strpos($line, "PERMALINK:") ) {
$value = trim( substr($line, strlen("PERMALINK:")) );
$tmpvalue = strrchr($value,"/");
$post->post_name = substr($tmpvalue, 0, strpos($tmpvalue, "."));
} else if ( 0 === strpos($line, "TAGS:") ) {
ns/movabletype-importer$tags = trim( substr($line, strlen("TAGS:")) );
} else if ( 0 === strpos($line, ‘AUTHOR:’) ) {
[/php]

これでインポートの準備は完了。

MovableTypeが出力したhtmlファイル(PHP化されている方はphp)ファイルを削除して、それトップページを見てみましょう。

ん~いい感じだけど、パーマリンクが・・・・・・エクスポートしたはずなのに・・・。

んで、Wordpressの管理画面を開いて、[設定][パーマリンクの設定]を開きます。

私の場合は年月で記事を吐き出していたので、カスタム構造を選択し

/archives/%year%/%monthnum%/%postname%.php

な感じです。無事にパーマリンクを引き継げました。

あとは、MovableTypeで管理していた画像たちWordpressのメディアに登録し、Movabletypeの痕跡を消してしまいましょう。

MT形式からWordPressへ移行した際に画像をインポートするプラグイン

ダウンロードして、FTPなどでアップし、プラグインを有効化し、実行、停止、削除、これだけです。

記事に埋め込まれているURLもしっかりと書き換えてくれる優れもの。

確認後は、バッサリ消してしまいます。

このブログのURLの中身は.htaccessとindex.php、favicon.ico、そしてメディアとして登録されたuploadsのみです。

だらだら書きましたが、これで全てです。

Foundationというフレームワークを使っているのですが

えーと、現在このブログのテーマを作るにあたって、レスポンシブ対応のFoundationというフレームワークを使用しています。

とても簡単にデザイン出来て、ウキウキでカスタマイズを行っておりました。

さて、これから各種プラグインの対応をと思った矢先にハマってしまいました。

ハマったプラグインは、SyntaxHighlighter Evolvedというソースの見栄えを整えるものです。

これか下記のような表示になります。

[c]
void main()
{
a = 0;
}

[/c]

こんな感じで、行番号が表示されとか、行が交互に色が表示されないとか・・・どこが打ち消されているか、余計な設定がCSSにある模様。

仕事が忙しく、原因を突き止めるのを諦めめました。

それより、数種類のレスポンシブ対応フレームワークを試して、お勉強モードに入ることにしました。

当然ですが、全てローカルでの作業になりますので、再リニューアルは、まだ先になりそうです。

SASSとか、使ってみたいものもあるし、なんか楽しいです。

それよりも、あれですね。Movable TypeからWordpressへの移行日記の方が先かな。こっちは下準備してしまえば簡単にエクスポート・インポートできてしまいます。注意点はパーマリンクを100%移行するのが厳しいことくらいですかね。詳細は後日という事で。

FreeNAS-8.2.1-ALPHA

FreeNASの8.2系なんだけどアルファバージョンが続き、なかなか私の使用範囲では安定してくれない。

iSCSIは取り敢えずWindowsから使う範囲では問題なさげ。

問題はCIFS、Windows共有なんだな。ベンチするくらいなら問題ないんだけど、複数のファイルをコピーすると幾つかのファイルでコピーに失敗した旨のダイアログが出て、再試行しても無駄。スキップすれば該当ファイル以外はコピーを続行する。

そのコピーに失敗したファイルを単独でコピーすればコピーできるので、CIFSの実装の問題かもしれない。

CPUもCeleron G1101なので圧縮のオプションを入れると劇遅なので取り敢えずオフ。

何よりディスクが遅い。分かって買ったんだけど、SATA3で5400rpmはSATA2でも速度は変わらないだろうね。

しっかし、地震やら洪水やら天災が多かった去年一年の影響がいまだに色濃く残っているのが分かりますね。

おかげさまで、FreeNASでバックアップのバックアップを取るための入れ物が出来ない。

そう言えば、8.2系でプラグインが出てるみたいだな。取り敢えずマルチメディア系の事はまだ先になりそうなのが悲しいね。

将来的にはメーカー製ハードディスクレコーダーをやめて、パソコンで録画、DLANなどを使用して映像配信なんてしたいんだけど、妻帯者で安月給な私には指を何本増やせば数えられるか分かりませんわw

最近はナイトビルドを追いかけるのを停止して、ベータになるのを気長に待つ私です。

 

 

翻訳プラグイン「Konjak」を使ってみたが

Konjakって、MovableType用の翻訳プラグインで、GoogleかBingの翻訳エンジンを使って翻訳するものです。

特に海外に向かって発信したいわけではないのですが、前から気になったので使ってみたですよ。

私のブログではダイナミックに記事を出力するわけではなく静的なphpファイルを作成しています。そのせいか本文の再構築を行うと見事に途中でエラー終了。

どっちもダメっぽいので、自宅サーバーで再度Perl版ダイナミックパブリッシングを使用できるようになるまでは、放置。

“翻訳プラグイン「Konjak」を使ってみたが” の続きを読む

MovableTypeの罠

先ほどの記事を投稿したら、Pingを送る段階で「HTTP::Message content must be bytes」なんてエラーが出てPingされない模様です。

いろいろ調べてみるとPingしなければいいらしい。確かにテスト環境ではPingの設定を消しているので問題なく投稿できた。

でぇ、一応、このエラーを回避するプラグインがあるらしい。

http://tec.toi-planning.net/FixPingUpdate.zip

私はこの投稿でテストですけどw

MovableTypeのページ分割

自宅のテスト環境では、PHP化を行いモジュールかも意外と進んでいる。そんで、じゃあ元々使っていたページ分割を復活させようと思ったんですが、perl版ダイナミックパブリッシング専用なので断念。

探しまくって使えそうなプラグインが2種対ほど見つかった。

“MovableTypeのページ分割” の続きを読む

MovableTypeをPHP化するテスト

ローカルでMovableTypeが動くようになったので、当面これをテスト環境にしよっと。MTOS 5をインストールしたついでに、perl版ダイナミックパブリッシングを止め、PHP化してみる事にした。問題になるようなプラグインがあれば事前にわかるし、よしとしよう。

順序通り、メインページ、各アーカイブページをPHP化する。これは出力の拡張子をphpに変えるだけなのであっさり終了。

“MovableTypeをPHP化するテスト” の続きを読む