日本HP、シックな黒いボディの10.1型ミニノートPC「HP Mini 110-3000」

日本HP、シックな黒いボディの10.1型ミニノートPC「HP Mini 110-3000」(RBB TODAY)

日本HPは14日、10.1型ミニノートPC「HP Mini 110-3000」を2010年夏モデルのラインアップに追加。15日から発売を開始する。直販価格は44,940円。

綺麗にまとまっていて大人っぽいミニノートにしあがってるんじゃないですかね。

スペックも、

CPUは Atom N475(1.83 GHz)、OSは Windows 7 Starter、メモリは1GB(DDR2‐SDRAM、最大1GB)、HDDは160GB。無線LANはIEEE802.11b/g/n、有線LANは100BASE-TX/10BASE-T、インターフェースはUSB2.0×3/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/2 in 1メディアスロットなど。そのほか、webカメラ(VGA)を搭載する。本体サイズは幅268×高さ23.5~32.6×奥行き194mm、重さは約1.23 kg。

と、今時の感じ。メモリが最大2BGだったらと思うんだけど。後、重さは1Kgを切れば最高なんだけどな。

CPUにAtomを使っているので、ネットゲームをやろうとか無謀な事を考えてミニノートの買うのは止めましょう。パワーが足りませんから。GPUもだけど。

 

 

Windows XPでInternet Explorer 8を入れてみた

まずはメインPCにInternet Explorer 8を入れるのは怖いので(単にチキンです)、いつもテスト用に使用しているVirtual PCでWindows XPに入れてみる。まだ、仕事でVistaの環境が必要ないので使ってないです。はい。

あらかじめこちらからダウンロードしたIE8-WindowsXP-x86-JPN.exeを実行する。

“Windows XPでInternet Explorer 8を入れてみた” の続きを読む

Inspiron™ Mini 9

手軽に持ち運べるスタイリッシュなミニノートパソコン「Inspiron™ Mini 9」を発表(DELLプレスリリース)

デル株式会社(本社:川崎市幸区、代表取締役社長:ジム・メリット)は、本日、個人向けノートパソコン「Inspiron」シリーズの新製品として重量約1kg、8.9インチ液晶モニタを搭載したスタイリッシュなミニノートパソコン「Inspiron Mini 9」を発表しました。

とうとうDELLも発表しましたね。

個人的には重量が1kgということでNetBookやMiniノートといった分類になるので、ちょっと残念な気がします。メイン機があって、サブでって人にはいいかもしれませんね。

OSには、Windows XPとUbuntuが選べるのはいいですね。この手のノートパソコンだと、長く使い続ける事は考えにくいので、VistaじゃなくXPが選択できるのは評価できると思う。

モデルにはベーシックパッケージ、プレミアムパッケージ、プラチナパッケージと3種類。OS、メモリ、オプションなどによって分けられている。

全モデルに共通しているのが、HDDではなくSSDを採用していることです。容量は4GB~16GBでOS入れたら、他になに入れれるのって感じなサイズ。まあ、ネット専用機って感じですか。

ネット専用機と考えれば、デザインもいいですし、いいかもしれません。

今日のWILLCOM D4

今日は、昨日のようにPHSの通信で不具合が出なかったWILLCOM D4です。

あと、Windows Updateのせいなのか、ViewStyleでも、ドラック&ドロップなのが出来るようになってる。何が原因かは不明ですか、使えるようになったことはいいことです。

あときになるのは、左に配置されているマウスボタンですが、少しは症状が出なくなりましたが、たまに反応しないことがあります。

仕事が忙しく、自宅では食事してもろもろして、就寝って感じなので、会社でしかWILLCOM D4を使う機会がないのがちょっと残念です。

あと、接続先がデフォルトで、「CLUB AIR-EDGE」が無料で使えるのですが、まだ、「IIJ4U」を削除する気になれません。何となくだけど、「IIJ4U」の方が安定して通信できている気がする。この辺りはもう少し、両方を利用してどうするか考えないといけないと思っています。

届いてから2週間近くになりますが、メーラーのみ動いている状態で、放置しておいたら、ブルースクリーンに出会いました。VistaもXPに負けずブルースクリーンが出るんですね。ちょっとがっかり。

それはそれとして、通勤時にWILLCOM D4を使っているので、あっという間に目的地まで到着してしまいます。通勤時間を有効活用できるWILLCOM D4は、私にとってはなくてはならないアイテムになりつすあります。

だからと言って、WILLCOM D4は誰にでも進められるPC?ではありません。それなりの知識がないとどうにもなりません。まず、電話としても利用できますが実用性は0です。他のミニノートよりキーボードが小さくて、なれないと打ちにくいです。PHSを利用するので、モバイル時の通信速度は激遅です。見た目もPSPの大型版みたいです。

これを買って活用できそうな人って、このサイズでフルスペックのVistaが動くのがいいとか、ウィルコムの信者とか、シャープ命って人とか、ですかね。

でもまあ、私にはWILLCOM D4は可愛い息子です。

あと1週間

日本HP、ミニノート「HP 2133 Mini-Note PC」の販売を開始(ITmedia +D PC USER)

工人舎、Atom/GPS搭載の7型液晶ミニPC(PC Watch)

WILLCOM D4の予約が来週の火曜と一週間前になって、HP 2133が販売を開始した。おまけにAtomを搭載した工人舎からミニPCが発表された。

ここからは自分への言い聞かせ。
HP 2133は発熱と英語キーボードの関係で無理。
工人舎のはサイズ的にUMPCじゃないので、これ買うくらいなら普通のノート買う。

って事で、あと1週間の我慢。
無事、優先予約が出来て、初期ロットが買えますように( ゚Дメ )グヲヲヲッ

ミニノート祭り!!

台北でミニノートの海にドップリつかる(ITmedia +D PC USER)

今年はUMPC(・∀・)人( ̄ー ̄)人(´_ゝ`)ノワショーイ

一応、WILLCOM D4の予約が始まるのを待っているわけですが、こう各社から発表されると、あっちもいいかな、こっちもいいかなって迷ってしまいますよね。

私的な希望としては、通勤時に無理なくネットができて、職場でも少し活躍できて、一般的なノートPCじゃなくUMPCです。

っていうか、今の仕事で横浜⇔那須塩原の日帰りとか平気であるので、A4ビックサイズ3.3Kgのノートなんか持って歩けるかって事から欲しいんで、OSは当然XPかVista。オフィスが動くことが前提で、Wordで文章を読んだり書いたりするので、SSDなやつだと無理があるのでHDDな奴。

まあ、結果としてWILLCOM D4が一番希望に近いかなって感じですかね。

しかし、そろそろ予約が始まらないかね~。

ミニPCに興味がある方や欲しいと思う方は、是非上のリンクを見て欲しいです。

Dell、ミニノートPCの写真を披露

Dell、ミニノートPCの写真を披露(ITmedia News)

前から噂だけが出ていたDellのUMPCの写真を公開しましたね。詳細は分からないですが、WILLCOM D4の予約が開始される前に、ぜひ詳細や発売予定などを公開してほしいですね。

日本HP、8.9型WXGA液晶のノートPC

日本HP、8.9型WXGA液晶のノートPC(PC Watch)

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、1,280×768ドット(WXGA)表示対応の8.9型液晶ディスプレイを備えたミニノートPC「HP 2133 Mini-Note PC」を6月上旬より発売する。価格は上位の「ハイパフォーマンスモデル」が79,800円、下位の「スタンダードモデル」が59,850円。

日本HPがすっげ~低価格でミニPCを発売!
ここで注目は上位モデルでも79800円という思い切った設定価格ですね。

 上位モデルは、C7-M ULV 1.6GHz、メモリ2GB(DDR2-667、1スロット)、HDD 160GB、IEEE 802.11a/b/g無線LAN、Bluetooth、Webカメラ、Windows Vista Business(Windows XP Professionalダウングレード権付属)を搭載。なお、Windows XPのインストールメディアは別売りだが、XP用ドライバは同社サイトで無償提供する。

ん~、WILLCOM D4よりスペック的には上ですね。XPへのダウングレード権が付属しているので、私が買った場合はもれなくダウングレードされるでしょうw

後は、WILLCOMのWS008HAを一緒に買えばモバイル環境もバッチリかな。

個人的に気になるのは、日本語キーボードが用意されないところかな。やっぱり買うならWIlLCOM D4になるのかな・・・。