いろいろありまして、時間があるのでいろいろやろうかと

本当に放置しまくって、全く記事をアップしない状況が続いております。

いろいろなことが、いろいろと変化し、また、ちょこちょこと記事を書こうと思っております。

それと同時に、本ドメインであるwalther-p38.comを他のドメインに移行しようと考えています。

徐々に移行して行こうと思っております。

あっ、利用するレンタルサーバーも変更予定です。

XSERVERにてWordPressのマルチサイト化 その2

タイトルが間違ってました。なので再度雑記をと。

マルチサイト化ですが、何度失敗したことか。

MovableTypeを使用していた時は、なんの疑問も持たず、マルチサイト化できていたので、心が何度折れたことか。

思うに、XSERVERのようにドメイン、サブドメイン単位でディレクトリーの構成が決まってしまうレンタルサーバーではマルチドメイン化は、普通にやると失敗してしまう。

さくらのレンタルサーバのようにディレクトリーの構成を自分で指定できるレンタルサーバーでは問題なくできてしまう。

私の場合、Wordpressをインストールするサブドメインともう一つのサブドメインでディレクトリーを個別に設定してしまい、撃沈されたわけですが。

まだ、初期状態の確認をしただけですので、このブログをそちらに引っ越ししながら、記録に残していけばいいかなと、のんびりと構えてます。

前提条件

XSERVERのような、ディレクトリを指定できないレンタルサーバーか、ディレクトリ構成を設定できるがすでに使用していて、移動が困難な場合を前提にしています。

また、SSHが利用でき、lnコマンドが使えることが最低条件になるかと思います。

嘘があったら、コメントでお知らせください。

WordPressをインストール

まずは、Wordpressをインストールするメインのドメイン(サブドメインでも)を決めます。

インストールは普通に行ってください。

設定ファイルの編集

WordPressの設定を変更しないと始まりません。『wp-config.php』ファイルを変更します。

define(‘WP_ALLOW_MULTISITE’, true);

WordPressに入りなおすと、『ツール』に『ネットワークの設定』なんていうメニューが追加されます。

ここで必ず『サブドメイン』を選択してインストールしてください。

最後に、『wp-config.php』と『.htaccess』ファイルを変更しなさいと表示されますので、変更してください。

サイトの追加

この辺りは、それぞれ適切な値を決めて作成してください。

プラグインのインストール

複数ドメインの運用にはプラグイン『WordPress MU Domain Mapping』を使います。サブドメインの場合にも必要なのかはよく調べていませんが、私がサブドメインを構築した際には、インストールしてマッピングしました。不要なのかもしれません。

いよいよ試してみる

Wordprssをインストールしたサイトは、問題なく表示されると思います。当然、管理画面も。

まず、追加したサイトの管理画面を見てみましょう。エラーで表示しませんね。当然です。とび先のリンクにWordpressが存在しませんから。追加したサイトもエラーで表示されません。

冷静にマルチサイト化の解説サイトをみる

サブドメインにインストールする解説で、いままで書いてきた内容が事細かにスクリーンショットも交えて解説されている。

がしかし、肝心なサイト(論理)と実体(物理)との組み合わせを解説してるところがないので、どうでもいいんだろうと思い込んでいた私がいます。

ある意味、共通化する

ここでは2つのサイトを使用していて、Wordpressをインストールしたサイトは問題がない。では、問題のあるサイトが問題のないサイトを内部(物理)的に参照できるようにします。

WordPressをインストールしたサイトの物理構造をそっくりもう一つのサイトで再現するだけです。ここからは、lnコマンドでシンボリックリンクを張るだけです。

今回は、『http://xxxxx.com/』にインストールしてしまったので、トップディレクトリーに配置したファイルはすべてシンボリックリンクを張り、残りのディレクトリーはディレクトリー単位でシンボリックリンクを張ります。

結果

再度、見れなかったサイトを見てみましょう。管理画面を含めて正常に表示できるはずです。

え?みれませんでしたか?

私と一緒に、勉強しながらチャレンジしてみましょう。

取り敢えず最後に

今回は、サイトのトップにインストールしたので、wpなどのサブディレクトリーに配置しても動作するのか試してみたいです。これには理由がありまして、上記にも書きましたが、ファイルを直接シンボリックリンクしているので、Wordpressのファイルが増減されると、アップデート後に手動で操作しなくちゃいけなくなりますからね。

サイトテーマの骨組みを作りながらので、のんびりになるかもしれません。

これだけでやりきった感がある私って何?

 

引っ越し

なにかとメンテナンスが面倒な自宅サーバーをやめるべく、レンタルサーバー探しをしてました。

もう、何年も前からです。

取り敢えず移すなら、さくらのレンタルサーバでもよかったんだけど、メアドがドメインが違ってもユーザー名はユニークにしなくちゃいけないという制限があったもので、躊躇してました。

それに、ちょっとしたアクセスの増大ですぐにアクセス制限されちゃうので、複数ドメインの運用には向かないかなって。特にWordPressみたいに、常時PHPがHTMLを吐き出すものだと。

少し話を戻して、重い腰を上げる理由になったのが、LANケーブルの経年劣化です。自宅サーバーでは2つのドメインを運用していました。

外部からVPNで家庭内LANに入る口を開けていたのですが、流石に物理的に壊れたものは直せず。

一週間くらい吟味しました。レンタルサーバーを。マルチドメインでの運用になるので、管理しやすいところがいいなって。今運用しているサイトは1つを除いてWordPressになるので、サブドメインの数も入れたMySQLが必要になります。さらに言えば、さくらのレンタルサーバより速いこと。

そんで、結果として残ったのが、XSERVERです。X20のプランで契約したので、ディスクの容量もそう簡単にはなくならないでしょう。MySQLも70個まで使えるし、余裕綽々って感じ。

 

試用期間中に1サイトを無理やり引越ししました。ちょっと設定が復元できなくて焦ったけど、まあ、想定内だったのでよしと。

もう一個は、リニューアルしようかと思ったけど、風邪のため頭が働かず断念してそのままひっこしました。

どちらも、ドメインの管理はスタードメインです。そのせいなのかDNSをちょちょっと変更するとすぐに浸透してあっという間に引っ越し完了。

あとは、自宅サーバーの火を落とすだけ。XeonなCPUで格好よくサーバーライフを楽しんでいたんだけど、当分自宅サーバーに火が入ることはないでしょう。

 

XSERVERですが、X20以上の契約をするとドメインが1個、契約の更新料も含めて無料になるサービスを行っていたので、ありがたく頂きました。こっちは、なかなかDNSの設定が浸透せず焦りましたが、30分ほどで浸透しましたかね。

 

最後の問題は、このブログ自体ですね。記事を全然書かなくなったので、アクセス数もほぼなしに近い状態。なのでパーマリンク等も含めて、WordPressの仕様に合わせようかと計画中。もしかすると、ドメインそのものも変更するかもです。やってもいいんだけど、それやると、さくらのレンタルサーバが空っぽになっちゃうことかな。

まあ、新しいテーマができてから考えよう。

あし@はずした!

いろいろなコミュニケーション系サイトのブログパーツを張っては捨てを繰り返してきた。

今思えば、私の様な非積極的な人間にはこの様なサイトのブログパーツを張り付けても何ら変化が無い事を再確認した。

確かに入会直後は新着なんかで出て、一時的にアクセスは増えるけど数日後には元に戻ると。

“あし@はずした!” の続きを読む

DMZの甘い罠

最近(でもないけど)、自宅でサーバーを立てるのが簡単だよって説明しているサイトがあるんだけど、そりゃインターネットに接続していれば誰でも簡単にサーバーを公開できる。

その中でも怖いのが「DMZ(非武装地帯)にサーバーを置くだけでOK」なんて簡単に書いて終わっていて、DMZがどういったものであるか説明していないサイトが多い。

相当知識がない限りはNAT(ネットワーク・アドレス変換)等を使用した方がよほど安全なのに。

“DMZの甘い罠” の続きを読む

自宅サーバー構成予定表

NASも購入したことですし、そろそろ部品の選定作業に入りたいと思っている今日この頃。

基本的には外向けが主で、うち向けはDNSとかその程度かな。

Intelから新しいチップセットが出たけど、Xシリーズじゃないので今回は無視で進行。

出来れば、NAS用の500GBx4をサーバー用のハードディスクにしてVMware vSphere HypervisorをUSBブートで使用しようと模索中。

“自宅サーバー構成予定表” の続きを読む

MovableTypeのページ分割

自宅のテスト環境では、PHP化を行いモジュールかも意外と進んでいる。そんで、じゃあ元々使っていたページ分割を復活させようと思ったんですが、perl版ダイナミックパブリッシング専用なので断念。

探しまくって使えそうなプラグインが2種対ほど見つかった。

“MovableTypeのページ分割” の続きを読む

Movable Type 4.26 の出荷

なんか気が付けば、Movable Type 4.26が出荷された模様。

主にバグフィックスのようです。

ここのブログもアップデートしなければいけないのですが、先週の金曜日から風邪をひいてしまい、仕事も思うように出来ないのに、アップデートするパワーがない。

それにしても、機能向上やバグフィックスは当然ですが、低スペックの共有レンタルサーバーで、もう少し快適に閲覧できるくらい最適化して欲しいです。

まあ、もっとスペックの高いレンタルサーバーを借りればいいんでしょうけど・・・。

Google AdSenseを無効にされた

自分のサイトのGoogle AdSenseはもちろん自分でクリックするなんて馬鹿な真似はしません。他のサイトのGoogle AdSenseだって、本当に興味がない限りはクリックすることはめったにありません。

これはGoogle AdSenseの場合、クリック課金されるからです。当然、相方にもこのドメインのGoogle AdSenseをクリックすることはダメって言ってある。

そんななか23日、Google AdSenseから面白いメールが送られてきた。

ご連絡いただきありがとうございます。

Google で最近の記録を調査したところ、ご利用の AdSense アカウントで AdWords 広告主に重大なリスクが生じていることを確認しました。このアカウントを引き続きサイト運営者ネットワークで使用できるようにすると、今後広告主に費用上の損害が及ぶ可能性があるため、アカウントを無効にしました。

この措置は、Google の広告主と他の AdSense サイト運営者を保護するために必要であることをご理解ください。

アカウントや Google の措置について不明な点がある場合、このメールには返信しないでください。 詳細については、次の URL をご覧ください。 https://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?answer=57153

Google AdSense チーム

あの~、私の自宅は固定IPで不正を行えばすぐにわかるんですよね。

どこのサイトだか忘れましたが、ある意味情報弱者が、広告をクリックすればブログ運営者に感謝されると勘違いされている方がいるのは間違えないです。特に、「あし@」ってサイトの掲示板とかには、「あっちこっち、クリックしました」などと書いてくれる方がいるのですが、ある意味、運営している側からすると、迷惑なだけなんですよね。特にブログを運営している私にとっては。

まあ、それはそれとして、対処の仕方が間違っていると思うのは気のせいだろうか。広告を不正にクリックされているならば、Google側でどのIPアドレスの人がクリックしているのはわかっている訳で、そのIPアドレスからのクリックを一定期間無効にするなり、不正と思われるクリックは課金の対象にしないとか対処方法はいろいろあると思うのですよ。

第三者が不正にクリックした結果で、広告を表示している側のアカウントが無効になるのって、ちょっと違うと思うのだが、どうだろう?

一応、異議申し立てを行ったのですが、知っている人は知っていると思いますが、Googleにはサポートセンターのようなものが一切無いため、直接交渉することがまったく出来ない。

私がいくらお金に困っているからって、Google AdSenseをクリックしまくるより、無料登録でポイントもらって、それを換金したほうがはるかに収益を上げることができる。

まあ、アカウントが無効になったのはショックですが、もとものGoogle AdSenseってかっこいいなって思って付けただけなので、無効になってもやっぱ、Googleはそういう会社なんだって思うだけです。

一応、異議申し立てのフォームがあったので送ってみましたが、Google AdSenseが、そんな適当な不正クリックシステムを使用していることが、あほだと思います。

もし、Google AdSenseのアカウントが復活しないようであれば、Googleに関しては、聞かれれば、正直に答えますけど。

間違えなく、検索以外のサービスは一切しよしないでしょう。

大体、そういう感知システムを使っているんだから、どのIPアドレスからのクリックなのか、ちょっと調べればわかるだろうに。

6月中にアカウントが有効にならなかった場合は、Google AdSenseを二度と使うことは無いでしょうし、ある意味、Googleには不利益になるような情報は、知り合い、お客様には、私のGoogleにされた仕打ちを、そのまま伝えるでしょう。

まったく、この引越しの準備が忙しくて、土曜だからといって不正なことなんかしませんって。ほとんどが仕事のメールがきてないかチェックするくらいで、いろんんなサイトでクリックしまくったり、自ブログのAdSenseをクリックするなんて暇があるわけがないだろう。

まあ、困るといえば、1年で100ドルくらい収入があったのでレンタルサーバーを維持できていたが、これがなくなったら、・・・自腹で維持するしかないですね。

クリック課金系はすべて止めようかな。

最後に、Google AdSenseはクリック課金なので、同一IPアドレスから何度もクリックすると、広告を表示しているブログなりの運営者が被害にあうので、アクセスランキング等など意外は、興味がなければクリックしないことを推奨します。ってか、人のブログの広告を何度もクリックして何が面白いんですかね。

Google AdSenseに関しても不信感を持ちましたし、私のブログを見ていただける人の中に、悪意があるかはわかりませんが、自分の嫌いなサイトのGoogle AdSenseを利用停止にするのは簡単なことなんだと思いました。

私にとってのアドセンス(広告)は、お金を設ける為じゃなく、デザインの一部として考えているので、このGoogle AdSenseの対応には、不満が収まらない。

26日には札幌へ引越し、30日までモバイル環境でしかブログのメンテナンスができないので、Googleのアカウントが有効になるまで、Google AdSenseは一切表示されないように、30日以降調整したいと思います。まあ、今後一生表示することは無い可能性が大ですが。

なんか、停車している車に、後ろから突っ込まれ、止まっているお前が悪いって言われてる気分で、Googleのサービスを使うたびに、思い出していやな思いをするんだろうな。

しかし、私の過失で無いにアカウント停止は、納得がいかない!