再退院してきたWILLCOM D4

土曜日に、病院のついでに引き取りに行ってきました。

結果、バッテリーに関しては、8時間で5%の消費なので問題ないとのこと。

え?大容量バッテリーで1日、シャットダウンで15%消費するって事ですか?

大容量バッテリーパックを使用時は、約240時間

ってあるんだけど、10日間もつって事ですよね。私のは、6.7日しか持たないんですが、これはシャープさんの見解で問題ないって事なんでしょうかね?

自宅と会社にACアダプターを置いているから、実質問題になる事はないけど、シャープさんの見解では誤差範囲なんでしょうね。これ以上ゴネルと交換になり、あげくドット抜けとかあると嫌なので、諦める事にします。

もう一つのバージョンアップ希望の件ですが、「現在は入っているのが最新版です」。だそうだ。いや、そのドライバー、入院前に試しに入れてみただけで、リカバリー側は相変わらず初期出荷状態のまま。あれ、バージョンアップ希望の場合、HDDを初期化しますじゃなかったの?

ストアーのお姉さん曰く「シャープの勘違いですね」・・・以上。

あれ、それで終わりですか?

わざわざバージョンアップ希望って言ったのは、リカバリーした時に、現在公開されているバージョンのドライバーが入っていて欲しかったから申し込んだだけで、普通にドライバーのバージョンアップしなければいけないのであれば、わざわざ申し込みませんから。といっても、「そうですよね」で終了。

所詮、携帯屋にPCのサポートは無理って事ですかね。

サポートがこの程度だと、大抵のトラブルは自分んで工夫してやっていくしかないと。

あて気出来ないのなら、サポートしてくれない事を承知の上で、HDDの換装しようかな。

SSDはコストパフォーマンスが悪すぎるので、80GB程度のHDDと入れ替えるだけでも、サブマシンとしての役目を果たす幅が増えるので、私的にはいいかも。

私は貧乏なので、まずはファイルサーバーのバージョンアップが先だな。その後にでも、WILLCOM D4のHDD換装か。まだまだD4は私を楽しませてくれます^^

再入院したWILLCOM D4 途中経過

ストアから電話があり、シャットダウン後のバッテリーの使用量は問題ないこと。でもさ、大容量バッテリーで2日半で空になった事実があるわけで、これ以上修理に出しても改善の見込みがないので、この件は諦める事にしました。実際、2日半もACを接続しない環境ではないので、仕方ないです。

もう一件、ドライバーのバージョンアップが行われていなかった件ですが、「最新のドライバーがインストールされているので、バージョンアップは終わってます」・・・ん、それは、私が入れたから細心になっているだけで、リカバリーすれば初期のドライバーがインストールされてしまうだけで、これまたサポートの怠慢ですね。こっちは、リカバリーの際、ドライバーを再度バージョンアップすれば済む事なので、これもまた、運用で我慢すると。

あと、BIOSがバージョンアップされた模様。スリープを利用したときの修正が行われているのですが、私はスリープを使わないので、どうでもいいと言えば、どうでもいいかな。

それよりも、W-SIMで接続中に休止すると、復帰後にW-SIMが使用できなくなる不具合を修正して欲しい。

今週末に、病院へ行くので、帰りに受取、そのまま秋葉原を散策し、次期再るサーバーのケースをいろいろ見てみたいと思ってます。

再入院したWILLCOM D4

先日、省電力機能強化から帰ってきたばかりのWILLCOM D4ですが、先日の記事の通り、大容量バッテリーで2日半ももたない。ドライバーのバージョンアップを希望したものの、何もされないで帰ってきた。

後々、「あっ、あの時、再度修理に出しておけばよかった」と思わないように、本日、再入院させてきました。リカバリー領域に入っているドライバーも最新のものが入っている方が何かと便利なので、バージョンアップ希望を再度申し入れました。

でぇ、受付の人が奥に行っている間、待合のソファーに座って待っていたら、明らかに右手にWILLCOM D4を持って入ってきた中年のおじさん。思わず、「WILLCOM D4って、意外といいですよね!」って声を掛けたい衝動にかられてしまいましたw

やっぱり、こういうキワモノ中年オジサンの玩具なのかなって思ってしまいました^^;

それは、それとして、どういう対応で私のWILLCOM D4は帰ってくるのでしょうか。交換されて液晶にドット抜けとかあると嫌だな・・・。

省電力機能を強化後のWILLCOM D4

体調不良と仕事にばかり時間を取られて、ブログの更新がおろそかになっております<(_ _)>

でぇ、本題の省電力機能を強化後のWILLCOM D4ですが、公式には、

省電力機能強化後の電源オフ時の電池持続時間は約80時間(大容量バッテリーパックを使用時は約240時間)です。電源オフ時の電池持続時間は使用環境、保管条件によって異なります。

なんですけど、大容量だとシャットダウンすれば約10日は持つ計算になるのです。

週末も家で仕事をしなければいけなかったので、どうせならって事で、金曜日の夜、会社を出てから月曜日の朝、出社するまでACを接続せずに放置してみました。

結論ですが、2日半放置した結果、ACを繋げないと起動すらしませんでした。

あれ、本当に強化されたんでしょうか、私のWILLCOM D4ちゃんは?

大容量バッテリーで2日半も持たないって、全然改善してないじゃんw

また預けると2週間くらい戻ってこないし、どうしたものか・・・。

取り合えず、今度の週末にでも、ウィルコムプラザへ相談に行ってきましょうかね;;

 

WILLCOM D4が・・・早すぎ!

【プレスリリース】WILLCOM D4 Ver.L の発売について

『WILLCOM D4 Ver.L』は、大容量バッテリーを標準装備し、より長いバッテリー駆動時間を実現しております。また、Microsoft Office 2007非搭載とすることで、さらに低廉な価格で提供いたします。

まず、大容量バッテリーが標準になったのは、これはWILLCOMの判断は正しいと思う。標準バッテリーで1時間弱くらいしか持たないから、ある意味不要ですね。

Officeに関しては、付ける付けないの選択が出来るようにしたほうがいいように思う。私の様にOfficeが必要な人もいれば、Officeなんて必要ないよって人もいるだろうしね。

それにしても、値下げが早すぎな気がしないでもない。

9月末まで期間延長!「WILLCOM D4スペシャルプレゼントキャンペーン2」内容も拡充!

キャンペーン期間中に「WILLCOM D4」をご購入いただいたかたには、WILLCOM D4専用「大容量バッテリーパック」をプレゼント!「WILLCOM D4 Ver.L」を、「新つなぎ放題」+「話し放題」にてご購入いただいたかたには「nico.」をプレゼントいたします。

大容量バッテリーのプレゼントは、早い話、プレゼントを継続するという事ですね。

nicoのプレゼントって・・・D4の電話機能は使えないから、電話はnicoを使い、データ通信はD4を使いなさいって事なんでしょうかね?w

FMV-BIBLO LOOX U/B50N

富士通 「FMV-BIBLO LOOX U/B50N」~565gのAtom搭載コンバーチブル型UMPC(PC Watch)

なかなか面白そうなUMPCが出てきたようですね。

中でも気に入ったのが、

ワイヤレス機能は、試用機ではIEEE 802.11 a/g/n対応の無線LAN機能を搭載(コントローラはAtheros AR928xを採用)していたが、カスタムメイドモデルでは無線LAN機能を省くことも可能。また、ワイヤレスWANを搭載するモデルも用意される。

この小さなボディにドラフトなn対応を搭載するとは羨ましい。うちの無線LANもn対応な奴なんだけど、接続しているのがPSPとWILLCOM D4。どちらも対応していないので宝の持ち腐れ状態。

それと、

内蔵ストレージは、1.8インチHDDまたはSSDが選択可能となる。1.8インチHDDでは60GB/80GB/120GBの中から、SSDでは64GBをそれぞれ選択できる。試用機では60GBの1.8インチHDDが搭載されていた。

価格的にどうのこうの言わないで、更に寿命が短い事を許せるのであればSSD、私の様にとにかく容量重視であれば120GBが選べるのはいいな。D4なんてリカバリー領域があるので実質30GBだもんな。

でも、このサイズで容量があっても使い道に困るのは間違えない。だって、このサイズ、絶対にメイン機として買うものじゃないもん。用途的に120GBなんて、絶対使い切れない自身ありますw

それから、

解像度がWXGA(1,280×800ドット)表示に対応しているという点だ。

は、流石にやりすぎじゃないかと思うよ。うちのD4でも1024×600だが、ちょっと文字が小さいなって感じがする。のに更に高解像度とは、設定で文字サイズを大きくしないと、常用は厳しいそう。

この記事で一番羨ましく思ったのが、

また、バッテリ駆動時間だが、内蔵バッテリパック(L)を取り付けた状態で、液晶輝度を最大に設定し、無線LAN機能やBluetoothも常にONにした状態で、テキスト入力やデジカメ画像の表示などを中心に使ってみたところ、3時間経過してもまだ残量が50%ほど残っていた。

です。D4で大容量バッテリーを使用しても3時間程度しか持ちません。

まあ、通勤時間が1時間半弱なのでバッテリーで困る事はありませんが、長時間持つのは、安心感があってとてもいいと思う。

ここで負け惜しみを言うなら、D4はPSPスタイルでマウスカーソルもマウスボタンも操作できるので、閲覧系の作業なら、カバンから周りを気にせずに取り出して見れます。キーボードも必要なときは、最近の携帯電話のように上にスライドするとキーボードが現れるので、楽々入力。

あと、価格帯がちょっとこれまでASUSやHPが出しているものより遥かに高いという事かな。カスタムメイドモデルで123,800円からとなると、モバイル目的じゃなければ、普通の小型ノートPCが買えちゃうから微妙ですよね。

それでも、UMPCやネットトップ、MiniPCといったカテゴリーで選択肢が一つ増えた事はいいことだと思います。

WILLCOM D4の不満

通勤時、仕事場で活躍しているWILLCOM D4ですが、幾つかの不満がある。

  1. 熱暴走でキーボードもマウスも使えなくなる事がある。
  2. PHS通信でのパケット詰まりによる、ネットの不通。
  3. PHSの感度が悪いかも。
  4. 無線LANが時々不通になる。
  5. HDDの空き容量が少ない。
  6. 放置中でもブルースクリーンが発生する。
  7. シャットダウンしても意外とバッテリーが消費される。

“WILLCOM D4の不満” の続きを読む

あっ、プレゼント!

忘れてましたが、本日無事にプレゼントの大容量バッテリーが届きました。

massbattery.jpg

横から見た感じです。少し厚みが増しました。それでも、両手でもてるギリギリのサイズですね。重さは思ってたよりも軽いなって印象です。

現在、大容量バッテリーを充電中ですがなかなか終わりません(あたりまえだ!)

これで通勤時間にバッテリー不足がなくなり、すっごく幸せになりました。

あとは、注文してあるmicroSDHD 8Gのカードが届くのを待つばかり^^

D4用にSDHCが欲しい

いろいろ調べてみるとWILLCOM D4でReadyBoostが有効になるらしい。

流石に8GBはちょっと高いので、4GBのサンディスク Ultra II SDHC カード 4GB が欲しい。

皆様の温かい訪問のおかげでそろそろGoogle AdSenseから報酬の支払いがあるはずなので、そのお金で購入しようと思います。

元々、WILLCOM D4はClass 4以上を非対応としていて、なおかつ、USBにカードリーダーを付けた方が内臓で利用するより早いといった特徴を持っている。

じゃあ、なんで内蔵するかというと、体感速度のアップよりもHDDへのアクセスの低減とバッテリーの消耗対策用です。

まあ、8月になればウィルコムから大容量バッテリーがプレゼントされるので、SDHCカードが必要かと言われると、まあ気持ちどうせSDHCスロットがあるのだから埋めてしまいたいと自己満足に尽きるんですけどね。

今月はWireless Laser Mouse 8000 とMajestouch Wireless FKBT108ML/JB を買っているので、ちょっと我慢かな。

まあ、気分次第では8GBのを買っちゃうかもね♪

WILLCOM D4 レビュー その2

どうも、ボクです!

月曜から今日まで、自宅と職場と通勤電車の中で利用してみました。

まずは自宅での利用。自宅では無線LANを使用しています。無線LANの接続速度はタスクマネージャーで見る限りほぼ54Mbpsです。ネットの閲覧やメールなど、ディスクトップと同程度で利用できています。キーボードは小さめなので人差し指でのキータッチになりますが、長文でなければそれほど苦になりません。
買う前はVistaじゃ重すぎないかなと心配していたのですが、使ってみると意外とサクサク動いてくれます。まあ、流石にディスクアクセスの多いアプリケーションだとモッサリしますけど、意外と我慢できる範囲で動いてくれています。
ファンの音は、自宅で使用していても静かです。下手なノートパソコンの方がよっぽどうるさいと思う。この静かさも嬉しい誤算でした。
液晶ですがドット抜けもなく、非常に綺麗なものです。D4を使った後にディスクトップの液晶画面を見ると荒いと感じるほど綺麗です。この辺は流石シャープって感じですね。

次に仕事場での利用ですが、ちょっと特殊なIDLというものを使用していますが、こちらも問題なく動作しています。標準でオフィス2008も入っているので、RGB/USBケーブルを購入すれば客先でプロジェクターに接続して進捗報告などが可能です。RGB/USBケーブルは早めに手に入れたいアイテムです。
現在の仕事先ではW-SIMでインターネットに接続しています。こっちが問題で、1日数回、W-SIMが反応しなくなります。反応しなくなると、インターネットの切断すら出来なくなるので、W-SIMを一度外してさしなおしています。これはちょっとキツイです。多分、ドライバーかファームの対応でなんとかなると思うのですが、ここんところはWILLCOMが早めに対応してくれることを期待するしかないのですが。この件に関してはメールなり電話なりでWILLCOMのサポートに連絡したいと思っています。

残りは、通勤時の利用。ハッキリ言って標準バッテリーだと電源プランを省電力にしても1時間持ちません。発売前からいろんなところで言われていたので期待はしていませんでしたが、ちょっと厳しいですね。8月にはプレゼントの大容量バッテリーが送られてくるので、届き次第、標準バッテリーは冷蔵庫で保管です。
タッチパッドはドライバーのバグだろうとは思うのですが、ViewStyle(画面を格納した状態)ではドラック操作ができません。また、クリックボタンもよく反応しなくなります。これらはViewStyle以外にすると正常に操作できます。

総合しますと、基本的に万人に進められるものではありません。普通に小さいノートが欲しいのであれば、ASUSのEee PCとか日本エイサーのネットブックとか、ゲームもやりたいとか考えているのなら、パナソニックのレッツノートとか東芝のダイナブックを強くお勧めします。
モバイルもリッチに使用したい人は、他のミニPCなりにイー・モバイルを組み合わせた方が快適に使用できます。D4とW-SIMの組み合わせより遥かに快適に使用できます。

じゃあ、なぜD4の購入を決めたかというと、まずはサイズですね。手に入れられる最小のUMPCだからです。これなら電車で立っている時でも使えます。サイズはPSPを一回り大きくしたほどなのでPSPを持っている人なら、これでフルスペックのVistaが動くのかと感動ものです。
後は、基本自宅で無線LANを使用すると決めていたので(大人の事情ですが)、外ではPHSの速度で、用途としてはメールの受信とか、ちょっとネットサーフィンをする程度なので、大容量バッテリーさえあれば、十分満足できそうです。
後は、やっぱりViewStyleで使用できるのが大きい理由ですかね。ネット見たりメール見たりするのにキーボードは不要なので嬉しいです。

最後に今後の購入予定のオプションですが、「RGB/USBケーブル」、「クレードル」、「Bluetoothワイヤレスキーボード」、「充電器」ですかね。このうち「クレードル」に関してはどうするか悩んでいます。「Bluetoothワイヤレスキーボード」が問題なく利用できれば、買わない可能性が大きいですね。「RGB/USBケーブル」があれば、ディスクトップ用の液晶モニターのアナログ側に接続すれば、ディスクトップとD4を切り替えて表示できるし、D4はただのちっちゃいPCになっちゃいますねw
Bluetoothワイヤレスキーボード関してはまだどこのメーカーの何を買うか決めていないので、どうなるか分かりませんけど。

あとは、この様な情報になるかどうかわからない文章でレビューになっているかが問題ですが・・・。