携帯電話、再び・・・

スマートフォンにしてから既に3ヶ月以上が経過した。

通勤時の暇つぶしにはいいが、椅子に座れたらだ。なぜかというと、大きいし重いから。

通話でもかけるのも受けるのも一操作が面倒でね。

最終的にはバッテリーの持たなさが一番だよね。

“携帯電話、再び・・・” の続きを読む

Android Sync Manager WiFi

フィーチャーフォン(携帯電話)を使っている時にやっておけばそうでもないかもしれないが、日々連絡を登録する人が増えてゆくのは当たり前です。

フィーチャーフォンであればそーかーやキャリアが電話帳(連絡帳)の編集ソフトを配布してくれるので、それをダウンロードして会社名や住所やらをパソコンでスイスイ入力して行ける。

スマートフォンも出来るだろうと思っていた私が馬鹿だった。出来ない。この程度の為に専用のソフトを買うのはいいけど、コストパフォーマンスが悪すぎる。

いろいろ調べてみたら、「Android Sync Manager WiFi」がいがいと使い勝手が良かった。日本のソフトじゃないので姓名逆なのはいいとして、更新前にスマートフォンからパソコンに転送して、それから更新や削除といった作業になるようで、まとめてやるのが効率的かな。

パソコン用のソフトは、こちらよりダウンロードが出来る。

Wi-Fiでの接続で処理を行うのでパソコンとUSBケーブルで繋げるとかは必要なし。世の中、便利になっていくものですね。

私は電話帳の編集機能が主なので、画像や動画なども扱えるので便利なアプリケーションかもです。

会社での携帯充電はアリかナシか?

今日のスマートフォンをはじめとしてフューチャーホンもバッテリーの持ちも悪さは決して嘘ではない。フューチャーホンの電話とメールだけみたいなものだと持ちはいいのだろう。

まずはWi-Fiをオフにするだけでも結構バッテリーの持ちも違うだろう。

会社での携帯充電はアリかナシか? 自宅で充電したノートパソコンのバッテリーは誰の物か – ガジェット通信

先日から話題になっている会社での携帯電話の充電についての話題。こちらは会社で充電をしていたら「盗電だ」と怒られたというもの。それが話題となり各メディアが報じた。

では会社での充電はアリなのかナシなのか。昨日それをテーマに生放送を行ったところ興味深い意見が沢山寄せられた。「過剰でなければ大丈夫」「携帯くらい許すべき」という意見が大半を占めていた。そもそも電気は誰の物になるのだろうか? これもいくつかのケースがあるだろう。

1.会社のコンセントから直接充電していた。
2.会社のデスクトップパソコンからUSB経由で充電していた。
3.ノートパソコンで充電していた。

などが挙げられる。

過剰ってのがよく分からないけど、昨年の震災を考えると常時80%以上は保持しておきたいのも人情ではないだろうか。

また、会社から支給されていない携帯でも、結局仕事でも使わざろうえない方もいるのではないでしょうか。私も個人名義のスマートフォンを使ってますが、仕事の連絡はすべてこれです。

コンセントでもUSBでも、結局は会社の電力を使っているわけで、会社の方針が最終的な判断になるんだろうな。

東電の不始末!?で電気代も上がるし、経営者も考えなきゃいけないんだろう。

私的には充電はアリだと思います。

Powerampが意外と良かった

折角スマートフォンに機種変したのだから、携帯電話とミュージックプレーヤーの2つ持ちのお出かけとさよならしたいのが人間というもの。

Softbank 104SHにはBluetooth対応の標準アプリケーション「音楽」というのが存在し、先日購入したLBT-MPAR300BKでは問題なく再生・操作が出来た。

ここで驚いたのが、今までの940SHだとm4p(ACC)ファイルに変換しないと再生できなかったのに、MP3ファイルで再生できちゃうこと。機種変前にすべての曲を変換して置いたのに無駄になった。無駄と言ってもMP3ファイルの方がサイズが少し小さいので嬉しい誤算ですけどw

Winampなどメジャーなものからマイナーなものまでインストールしてはアンインストールを繰り返し、操作性やLBT-MPAR300BKで操作が出来るかチェックの日々。Winampも出来そうだったんだけどダメ。

ちなみに無料版か評価版のあるものだけを評価しました。殆どがヘッドフォンジャックに挿して操作する事を想定しているようだった。

本当はWinampがウィジェットのセンスが良くていい感じだっただけに残念。Winamp Proは利用可能なのかもしれないが無駄な出費を出来る身分でないので諦めた。

winamp.jpg

ウィジェットの操作もし易く良かったんだけどな。

そしてなんとかLBT-MPAR300BK で操作できるPoweramp Music Player (Trial)を発見。評価版と言う事で日数は15日でフル機能使えるのであっちこっち弄り遊びました。ウィジェットは背景の透過とか設定出来て、背景と一体化する感じは人に見られてもかっこいいかな。

poweramp.jpg

シンプルでいいでそw

評価版のロックを解除するにも162円(何を勘違いしたのか^^;)408円とお財布に優しいのもいいですよね。

両社ともほぼ同等な機能もあるし、違いはLBT-MPAR300BKを使ってコントロールできるか出来ないかだけかな。

 

先日、所用で自宅から東京駅まで1時間ちょっとの往復をする機会があったので、標準で入っている「音楽」をLBT-MPAR300BK で使ってみた。行きは聞くだけ、帰りはちょっと操作な感じで、バッテリー残量19%とギリギリな感じ。モバイルバッテリーなしでは危なくて使えない。

CPUの利用率を見ると他のアプリも動いているので詳細に調べてはいないけど、標準の「音楽」プレーヤーだと20%前後、Poweramp Music Player (Trial)だと10%台前半でたまに20%辺りまでいく感じ。

これも無駄なテストだが、Poweramp Music Player (Trial)LBT-MPAR300BKで音楽を3時間ほど流し続けた結果、20%減と、意外と節電で動作するプレーヤーだと言う事が分かりました。

音飛びも今の所感じないし、消費電力も少ないし、評価が終わる前にPoweramp Full Version Unlockerを購入しようと思います。

どうでもいいことですが、Logitec iPhone4/4S/3GS/3G スマートフォン対応 Bluetooth3.0対応 オーディオレシーバ AAC対応+超スリム AR300シリーズ ブラック LBT-MPAR300BKはだたのヘッドフォンだけじゃなく、マイクも付いているのでハンズフリーにもなり一石二鳥です。

ナビ(NHZA-W61G)交換したはいいが

やっとディーラーにて壊れたナビと新品のナビの交換が終わった。

終わったら終わったらで、新しいナビの車載登録が終わってないらしく、G-BOOKが一部利用できない状態だったので、ディーラーに確認したら、「設定するのでご来店ください」と言われ、言われるがまま行って、設定して貰ったさ。

待たされること1時間半、一応動くようになったと言う事で帰宅。

しかし、思わぬところにトラップ出現。

携帯電話の電話帳の転送が出来ない。壊れたナビの時は転送ボタンを押せば転送されたのに、電話機で転送操作を行ってくださいとか言いやがる。

次回、車に乗るときにはQUICK SETUPのし直しだな。

担当者が病欠だったのがアダになったのかな。

ノートン™ インターネット セキュリティ 2012 ベータ版

ノートン™ インターネット セキュリティ 2012 ベータ版が試用できるようになっていたので早速使ってみた。

 

まずは利点から見てみた。

2011に比べ更にインストールの高速化と軽さが出ましたね。

  • VMPlayer上のWindows 7 x32にインストールしたんだけど、設定画面が表示されるまでの時間が短縮されてますね。
  • IDセーフがクラウドサービスを使う事により、他のパソコンと共有できるようになった。
  • 画面がシンプルになり、希望の設定画面へ移動しやすくなった。

私にはこんな所かな。

 

欠点?かどうかは人それぞれなので、自己判断と言う事で。

  • 折角シンプルな画面になったのに、設定画面の遷移で変なアニメーションは不要じゃないかな。
  • IDセーフがクラウドサービスで複数のパソコンで共有できるようになるわけですが、少し疑問もある。
    まず、会社ではそれぞれの会社のポリシーでアンチウィルスソフトやセキュリティソフトがインストールされており、大抵の場合コーポレーション版なんですよね。こっちのバージョンでIDセーフが使えるのを見た事が無いのでどうなんだろう。
    また、他社のが入っていれば使えないわけですよね。どうやって使うかね。私の場合5PCライセンス版を使っているが、全て家庭内の主要パソコンにインストールされているけど、安全なUSBメモリーやNAS経由でインポート・エクスポートしちゃうよな。

とまあ、この程度しか気が付いてない私です。

物理パソコンへのインストールは行ってますが、仮想環境では使ってません。ライセンスが足りないし。過去のキーを有効かすればいいんだけど、SOHOで5ライセンス以上はなぁ。

要望的な事を上げると、

  • IDセーフのバックアップを自動でNAS等へバックアップして欲しい。もしくは、追加変更件数が閾値を超えると「バックアップをしません?」みたいなポップアップが出るとか。子供などはほとんどバックアップしてないし。
  • ごく普通になってきた仮想環境へのインストールする際のライセンス的な制約を緩和して欲しい。まあ、ライセンス形態が変わるんだろうけど、会社にしてない私の様な所は法人向けは買えないし、会社にして買ったところでコンシュマー向けの様に自由度がないし。
  • 有効期限が切れると一切活動を止めるのはどうなんかな。容赦なしに止まるのはどうがと。パターン等のアップデートが行われなくても1ヵ月とか猶予は欲しいよね。
  • オンラインで継続更新するより、ショップで新規に購入する方が安いってどうにかならないかな。ってかさ、新規と更新がほとんど価格的に差が無いってどうなんかな。ってか更新が高すぎない?

こんな所か。VMにはフリーな奴しか使ってない。ほとんどはインターネットへのアクセスは行わないのでいいんですけど、案件別VMにはノートンは入れられないな。ライセンスが幾つあっても足りないし、1年以上放置するものもある。こういうのには向かないよね。昔のバージョンは良かったな。有効期限なんてなかったし、パターンのアップデートが終わることはあっても。

それはそれとして、オンラインゲームを楽しむ人の中にはルーター無直結で「セキュリティーソフトを切るとレスポンスが上がっていいよ」なんてのが蔓延してるのが怖い。

携帯電話やスマートフォンなどのデバイスはセキュリティなんて要らないなんて言う人もいるのも怖いわな。こっちの方がフィッシング詐欺とか簡単にハマりそうだけど。

 

と言いながらも2012は軽快になっているので早く正式版が出て欲しいな。

モニターで当たったSWX2200-24G

仕事のなかなか決まらないやら、単価が一気に下がったり、もう散々な近年。

モニターとかは昔は良く申し込んでいたが当たったためしがない。

特にこのスマートL2スイッチSWX2200-24Gは、各種メディアでモニターの案内があったので、当たるわけないなと思いながら申し込んでみました。

運が無い私が、初めて欲しいと思ったのものモニターに当選しました。(TдT) アリガトウ

“モニターで当たったSWX2200-24G” の続きを読む

停電のお知らせ

明日、東京電力の点検?か何か計画停電で(ホームページに繋がり難い為、詳細不明)、下記の時間帯自宅サーバーのサービスが停止いたしますので、ご関係者の皆様にはご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。

2011年03月14日 15:20より19:00まで(予定)

今回のごたごたの中、情報の提供が遅くなりました事をお詫び申し上げます。

給電が開始され次第、サービスを再開いたします。

停電に伴って連絡手段が携帯電話のみになりますので、何かありましたら、携帯電話へご連絡ください。

AndroidタブレットにおけるGPL遵守!!

確かCocoonもソースを公開していたっけか。

AndroidタブレットにおけるGPL遵守のかなり寒い状況 – スラッシュドット・ジャパン

NetworkWorldのオープンソースコラムの記事によれば、Red Hatのエンジニアでありmjg59のアカウント名でLinuxコミュニティ内で知られるMatthew Garrett氏が、最近になって数多く発売されたAndroid搭載のタブレットのGPL遵守状況についてリスト化したページを公開したそうだ。

このリストを見ると、大小様々なベンダーからAndroid搭載タブレットが販売されていることに驚くが、その多くがソースコードの配布を行わず、GPLを遵守していないと考えられる状況となっていることに驚いてしまう。さすがに、Samsung Galaxy Tab、Toshiba Folioなどの大手の製品は問題がないようだが、Android端末は今後さらに出てくるだろうと考えられるため、影響は大きくなるのではないだろうか。

どうするんだろうね。やっぱり公開するのかな。しなそうな気がしないでもないが。

公開しても、一部は知的所有権のため非公開とするって落ちが待ってそうな気がする。そもそもなんで大手がこぞってGPLなコードを使ったOSで箱物を作るのかね。NAS箱だけでも十分な気がする。

っていうか、最近の携帯電話とスマートフォンの差が小さくなって積極的にスマートフォンを選ぶ必然性が無くなってきている気もする。

携帯の不具合も酷いものだが、Androidの不具合はその比じゃないと思う。

そもそもタブレットって個人で必要なアイテムなのかな。ネットブックでよくない?わざわざソフト買ってまで快適にする価値は?

疑問符が沢山つくんだな。普通にWindowsかLinuxでいいんじゃね?

ネタにはなりそうだけど、数か月後にはほこりをかぶってる気がする。

開発者から言わせると、『プラットフォームを増やし過ぎるなよ。それじゃなくてもWebシステムになるとあっちもこっちもサポートしなきゃならなくて大変なのに』とな。まあ、私の様な規模の小さいシステムだとそうなっちゃうんだな。テストも大変なんだぞ。単価も安いしw

940SH SDメモリーのデータ一部喪失

21日まで携帯電話で撮った写真やビデオやアプリが喪失してた。

それもクリスマスケーキを相方が作ったのでそれを撮ってて気が付いた。

あれ、ほとんどデーターないやんけ。前に使ってた機種の独自フォルダーやファイルは残っているのに、バックアップファイル等、機種に関係なく共通で使われているフォルダーの中身が空っぽになっている。

さて、犯人はだれだろ。

基本、SDメモリーのサイズも2GBあるので、相当頑張らないと私では使いきれない量だったのに、更に神業でデーターが消えてなくなった。

バックアップの意味がない。過去のバックアップも全部消えてしまった。はぁ。

携帯のメモリーも定期的にバックアップ取らないとヤバいのね。完全に盲点でした。まあ消えたのは思い出だけですけど。

しかし、940SHに変えてから残念な事ばかりだな。

一部のデーターがあるって事は、メモリーが問題あるわけじゃなさそうだし。

PCに接続したときに自動バックアップが動くように設定するか;;