XSERVERにてWordPressのマルチサイト化 その2

タイトルが間違ってました。なので再度雑記をと。

マルチサイト化ですが、何度失敗したことか。

MovableTypeを使用していた時は、なんの疑問も持たず、マルチサイト化できていたので、心が何度折れたことか。

思うに、XSERVERのようにドメイン、サブドメイン単位でディレクトリーの構成が決まってしまうレンタルサーバーではマルチドメイン化は、普通にやると失敗してしまう。

さくらのレンタルサーバのようにディレクトリーの構成を自分で指定できるレンタルサーバーでは問題なくできてしまう。

私の場合、Wordpressをインストールするサブドメインともう一つのサブドメインでディレクトリーを個別に設定してしまい、撃沈されたわけですが。

まだ、初期状態の確認をしただけですので、このブログをそちらに引っ越ししながら、記録に残していけばいいかなと、のんびりと構えてます。

前提条件

XSERVERのような、ディレクトリを指定できないレンタルサーバーか、ディレクトリ構成を設定できるがすでに使用していて、移動が困難な場合を前提にしています。

また、SSHが利用でき、lnコマンドが使えることが最低条件になるかと思います。

嘘があったら、コメントでお知らせください。

WordPressをインストール

まずは、Wordpressをインストールするメインのドメイン(サブドメインでも)を決めます。

インストールは普通に行ってください。

設定ファイルの編集

WordPressの設定を変更しないと始まりません。『wp-config.php』ファイルを変更します。

define(‘WP_ALLOW_MULTISITE’, true);

WordPressに入りなおすと、『ツール』に『ネットワークの設定』なんていうメニューが追加されます。

ここで必ず『サブドメイン』を選択してインストールしてください。

最後に、『wp-config.php』と『.htaccess』ファイルを変更しなさいと表示されますので、変更してください。

サイトの追加

この辺りは、それぞれ適切な値を決めて作成してください。

プラグインのインストール

複数ドメインの運用にはプラグイン『WordPress MU Domain Mapping』を使います。サブドメインの場合にも必要なのかはよく調べていませんが、私がサブドメインを構築した際には、インストールしてマッピングしました。不要なのかもしれません。

いよいよ試してみる

Wordprssをインストールしたサイトは、問題なく表示されると思います。当然、管理画面も。

まず、追加したサイトの管理画面を見てみましょう。エラーで表示しませんね。当然です。とび先のリンクにWordpressが存在しませんから。追加したサイトもエラーで表示されません。

冷静にマルチサイト化の解説サイトをみる

サブドメインにインストールする解説で、いままで書いてきた内容が事細かにスクリーンショットも交えて解説されている。

がしかし、肝心なサイト(論理)と実体(物理)との組み合わせを解説してるところがないので、どうでもいいんだろうと思い込んでいた私がいます。

ある意味、共通化する

ここでは2つのサイトを使用していて、Wordpressをインストールしたサイトは問題がない。では、問題のあるサイトが問題のないサイトを内部(物理)的に参照できるようにします。

WordPressをインストールしたサイトの物理構造をそっくりもう一つのサイトで再現するだけです。ここからは、lnコマンドでシンボリックリンクを張るだけです。

今回は、『http://xxxxx.com/』にインストールしてしまったので、トップディレクトリーに配置したファイルはすべてシンボリックリンクを張り、残りのディレクトリーはディレクトリー単位でシンボリックリンクを張ります。

結果

再度、見れなかったサイトを見てみましょう。管理画面を含めて正常に表示できるはずです。

え?みれませんでしたか?

私と一緒に、勉強しながらチャレンジしてみましょう。

取り敢えず最後に

今回は、サイトのトップにインストールしたので、wpなどのサブディレクトリーに配置しても動作するのか試してみたいです。これには理由がありまして、上記にも書きましたが、ファイルを直接シンボリックリンクしているので、Wordpressのファイルが増減されると、アップデート後に手動で操作しなくちゃいけなくなりますからね。

サイトテーマの骨組みを作りながらので、のんびりになるかもしれません。

これだけでやりきった感がある私って何?

 

テーマの変更

WordPressに変更してから、初のテーマ変更。

子テーマ作って前進しようと思う、今日この頃。

リンク切れとかあるんだけど、どうするかな。MovableTypeからの移行に失敗してるじゃんってのはナイショ。

MovableTypeからWordPressへ引っ越し

今回、Movable Type Pro 5.2.6からWordpress 4.0への移行過程をメモしておきます。

まず、MovableTypeのエクスポートを行ってみる・・・。ん、何かが足りてない。そうなんです、パーマリンクとかかサックリなくなっています。このままじゃいけないというので検索してみた、ありました。

下記の操作の前に、必ずバックアップを取ってください。

MovableTypeからWordPressへの完全移行方法

どうやら/lib/MT/ImportExport.pmを変更するらしい。

[perl highlight=”2,3,4″]
DATE: <$MTEntryDate format="%m/%d/%Y %I:%M:%S %p"$><MTEntryIfTagged include_private="1">
PERMALINK: <$MTEntryPermalink$>
TAGS: <MTEntryTags include_private="1" glue=","><$MTTagName quote="1"$></MTEntryTags></MTEntryIfTagged>
ID: <$MTEntryID$>
[/perl]

上記の「DATE:」という記述を探し、その下に「PERMALINK」「EntryIfTagged」「ID」の行を追加します。

後はエクスポートです。

エクスポートしたファイルを眺めていると、あれ、パーマリンクの「post-1」などが「post_1」に変わっているではありませんか。これじゃ困るので置換しましょう。

テキストエディタなどで「BASENAME: post_」を「BASENAME: post-」に変換し保存します。安全のため、ファイル名を変更して保存します。

下準備はできたので、Wordpress側のインポートのプログラムを編集しましょう。

WordPress 3.0にMovable Typeのタグをインポートする

まるっと転載させて頂きます。

wp-content/movabletype-importer配下にある、movabletype-importer.php編集。

[php highlight=”27,28,29,30″]
function save_post(&$post, &$comments, &$pings, &$tags) {
  $post = get_object_vars($post);
  $post = add_magic_quotes($post);
  $post = (object) $post;

  if ( $post_id = post_exists($post->post_title, ”, $post->post_date) ) {
    echo ‘<li>’;
    printf(__(‘Post <em>%s</em> already exists.’, ‘movabletype-importer’), stripslashes($post->post_title));
  } else {
    echo ‘<li>’;
    printf(__(‘Importing post <em>%s</em>…’, ‘movabletype-importer’), stripslashes($post->post_title));

    if ( ” != trim( $post->extended ) )
      $post->post_content .= "n<!–more–>n$post->extended";

    $post->post_author = $this->checkauthor($post->post_author); //just so that if a post already exists, new users are not created by checkauthor
    $post_id = wp_insert_post($post);
    if ( is_wp_error( $post_id ) )
      return $post_id;

    // Add categories.
    if ( 0 != count($post->categories) ) {
      wp_create_categories($post->categories, $post_id);
    }

    // Add tags or keywords
    if ( 1 < strlen($tags) ) {
      // Keywords exist.
      printf(‘<br />’.__(‘Adding tags <em>%s</em>…’, ‘movabletype-importer’), stripslashes($tags));
      wp_add_post_tags($post_id, $tags);
    }
  }
  …中略…
}
[/php]

[php highlight=”14,34,42,51,52″]
function process_posts() {
global $wpdb;

$handle = $this->fopen($this->file, ‘r’);
if ( $handle == null )
return false;

$context = ”;
$post = new StdClass();
$comment = new StdClass();
$comments = array();
$ping = new StdClass();
$pings = array();
$tags = ”;

echo "<div class=’wrap’><ol>";

while ( $line = $this->fgets($handle) ) {
$line = trim($line);

if ( ‘—–‘ == $line ) {
// Finishing a multi-line field
if ( ‘comment’ == $context ) {
$comments[] = $comment;
$comment = new StdClass();
} else if ( ‘ping’ == $context ) {
$pings[] = $ping;
$ping = new StdClass();
}
$context = ”;
} else if ( ‘——–‘ == $line ) {
// Finishing a post.
$context = ”;
$result = $this->save_post($post, $comments, $pings, $tags);
if ( is_wp_error( $result ) )
return $result;
$post = new StdClass;
$comment = new StdClass();
$ping = new StdClass();
$comments = array();
$pings = array();
$tags = ”;
} else if ( ‘BODY:’ == $line ) {

…中略…

} else if ( 0 === strpos($line, "CATEGORY:") ) {
$category = trim( substr($line, strlen("CATEGORY:")) );
if ( ” != $category )
$post->categories[] = $category;
} else if ( 0 === strpos($line, "TAGS:") ) {
$tags = trim( substr($line, strlen("TAGS:")) );
} else if ( 0 === strpos($line, "PRIMARY CATEGORY:") ) {
$category = trim( substr($line, strlen("PRIMARY CATEGORY:")) );
if ( ” != $category )
$post->categories[] = $category;
…中略…
}
}
…中略…
}
[/php]

 

上記に加えて

[php highlight=”8,9,10,11,12,13″]
function process_posts() {
global $wpdb;

…中略…

} else if ( ‘COMMENT:’ == $line ) {

$context = ‘comment’;
} else if ( ‘PING:’ == $line ) {
$context = ‘ping’;
} else if ( 0 === strpos($line, "PERMALINK:") ) {
$value = trim( substr($line, strlen("PERMALINK:")) );
$tmpvalue = strrchr($value,"/");
$post->post_name = substr($tmpvalue, 0, strpos($tmpvalue, "."));
} else if ( 0 === strpos($line, "TAGS:") ) {
ns/movabletype-importer$tags = trim( substr($line, strlen("TAGS:")) );
} else if ( 0 === strpos($line, ‘AUTHOR:’) ) {
[/php]

これでインポートの準備は完了。

MovableTypeが出力したhtmlファイル(PHP化されている方はphp)ファイルを削除して、それトップページを見てみましょう。

ん~いい感じだけど、パーマリンクが・・・・・・エクスポートしたはずなのに・・・。

んで、Wordpressの管理画面を開いて、[設定][パーマリンクの設定]を開きます。

私の場合は年月で記事を吐き出していたので、カスタム構造を選択し

/archives/%year%/%monthnum%/%postname%.php

な感じです。無事にパーマリンクを引き継げました。

あとは、MovableTypeで管理していた画像たちWordpressのメディアに登録し、Movabletypeの痕跡を消してしまいましょう。

MT形式からWordPressへ移行した際に画像をインポートするプラグイン

ダウンロードして、FTPなどでアップし、プラグインを有効化し、実行、停止、削除、これだけです。

記事に埋め込まれているURLもしっかりと書き換えてくれる優れもの。

確認後は、バッサリ消してしまいます。

このブログのURLの中身は.htaccessとindex.php、favicon.ico、そしてメディアとして登録されたuploadsのみです。

だらだら書きましたが、これで全てです。

MovableTypeからWordPressへの移行

長らく、ブログを引退しておりましたが、Wordpressでサイトを再構築してみようと心に決め、移行しました。

テーマは1から作りこんでおります関係上、不具合が多いかもしれません。2週間で覚えるのは無理って感じです。

いろいろ考えてみたのですが、CMSが変われば、それまで蓄えた情報が原作エンジンから姿を消えてしまうでしょう。

そこは考えようで、sitemap.xmlをGoogleさんにお知らせして、新しいURLでインデックスしてもらうしかありません。

インストールしてみて感想ですが、Movable Type 改PHP版よりWordpressの方が少しレスポンスがいいかもしれません。やっぱり、MySQLが新しいのに当たったからでしょうか。

デザインはシンプルな方がよいので、Movable Typeのクラッシックブログというテーマにわざと似せました。データを引き継ぐんだしいいか。

少々あったトラブル等も含め、今後記事を書いていきたいと思います。

今回行った以降は、Movable Type version 5.2.6 からWordpress 4.0になります。

MovableTypeが・・・

どっかがおかしくなった模様。

おかしいのは今の所、ウェブページかな。再構築を行ってもファイルが生成されない。

どっかの週末にでも再度バックアップをとり、再インストールする予定(は未定w

追記:10月27日

単に非公開になっていることが判明。自分でやったのだろうか。そうなんだろうな。

アーカイブパスの設定

 トップディレクトリーが煩雑になってきてバックアップ取るのも面倒になってきた。最初からアーカイブパスを設定しておけば良かったんだけど、使い方をあまり理解しないまま使っていたので、トップディレクトリーにファイルやディレクトリがいっぱい。

カテゴリー名もcat100とかだと何のカテゴリーか分からなくなるので命名し、Movabletypeのバックアップ。データベースの中身もバックアップ。

準備1
バックアップから画像の入っているディレクトリーを除き削除し画像以外のファイルを削除。

準備2
MovableTypeの「アーカイブをブログパスとは別のパスで公開する」にチェックを入れ、アーカイブパスを設定する。

準備3
準備1で残ったものを準備2で作ったパスにコピーする。

準備4
SQL分の下記を変更
mt_assetのasset_file_pathの内容を変更する。
   %r/sample.gif → %r/archives/sample.gif
mt_entryのURLでアーカイブパスの必要なものを書き換える。
   これが一番面倒な作業。実際何度か挫折した。

準備5
準備4で修正したSQL分をデータベースに上書きで流し込む。

ここで再構築を行う。すべての記事が出力されるので、再構築終了後、記事の入っているディレクトリーを削除する。

ちゃんとアーカイブパスが入った状態で画像や記事、記事中のパスが合っていれば完了。

 

とまあ書いたものの記事数が多すぎてチェックする気にもならないので、ちょこちょこ確認し、間違っていたら修正する方向で。

それと、これをやると他からのリンクが切れます。当然、GoogleさんやYahooさんが蓄えた検索情報もゴミになります。

今後の事を考えれば、今やるのも間違った選択じゃないかなという思いでやっちゃいましたけど。

みなさん、「アーカイブをブログパスとは別のパスで公開する」にチェックを入れてからMovableTypeを使いましょう。

Internet Explorer 9をダウングレードで8に

Internet Explorer 9は悪くはなかったんだけど、一部サイトでウザイ事になったり、一部ツールバーが正常に表示されない。

特にノートンのツールバーが表示されないとIDセーフが機能しないからめんどい。

結局、一ヶ月からかずにアンインストール。Windows Updateからは非表示に。

MovableTypeのウィジェットの移動が出来なかったのが残念だよね。どっちが悪いのかの判断は出来ないけど、Firefox3で操作できるからいいけど。Firefoxもアップデートするかどうするか。

マイクロソフトも何がしたいのかね。アプリケーションは使いにくい(私にとって)リボンになってるのにInternet Explorer 9はそっけない画面になり。アドレスバーで検索するのヤバいんだけど。アルファベットだけだと検索しなかったりするし。

画面の構成位、オプションでユーザーに少しは自由度を残せって。

はぁ、疲れた。

MTEntryClassLabelタグで検索結果が表示される

MTEntryClassLabelタグで検索結果にウェッブページも表示できるようになった。

なんかウェッブページも” dirty=”false”><$mt:EntryBody$>で表示されるようなのでブログ記事概要とか、phpをincludeしているところで分岐させて終わり。

使い方には

<mt:If name="$type" eq="Page">

になっていますが

<mt:If name="type" eq="ウェブページ">

が日本語環境では正解政界の模様。

どこの記事を読んでもそうなのでそうなのでしょう。Pageで返してくれればあっちこっち探さなくても良かったのに。

検索結果が・・・

MovableTypeをPHP&モジュール化してしばし経つが、検索結果にウェブページが表示されるとは知らなかった。

記事とウェブページと別な構造になってるので検索結果を表示する所を修正しなきゃ。

ってことで検索結果にPHPのエラーが出てるのは、私の未修正が原因です。申し訳ない。

そういうわけで、数か月中(遅)には修正します。

仕方なくindex.rdfを追加

mixiの更新情報が出てないでやっぱりindex.rdfをクロールしてくるので、Movable Type 備忘録 – RSS1.0テンプレートを追加するを参考に追加してみた。当然、相方の方もなんだけど。

でもしっくりしないな。昔index.rdfを設定してたって事は、前はテンプレートがあったはずなんだよな。MovableType基本上書きアップデートでやってたので、なんかのタイミングで消えちゃったのかな。相方のも消えてるから、人為的じゃないんだよな。

mixi以外でもindex.rdfを読むのかな。atom.xmlで問題なかったんだけどな。まあいいですけど。なんかmixiに負けた感じで嫌なだけ。

自分のブログはモジュール化しているのですぐに追加が終わるけど、相方のはPHP化したものの、全然モジュール化してない(一部はしている)。

やっぱり、相方の方もモジュール化するかな。いや、面倒だから臨機応変と言う事で!(^^)!