HP ProLiant ML110 G6壊れたかも

 HP ProLiant ML110 G6が2台あり、そのうちの1台がパワーを入れてもBIOSの画面が表示されず、ファンだけが唸り続ける。

ここ数か月使っていなかったが、FreeNASとかで遊んでいただけなのになぜブートしなくなったのかな。日ごろの行いが悪いからかな。

3連休も今日で終わりなので、来月の3連休で最低限のパーツにして、ケーブル関係を刺し直し、それでだめならまた安サーバーを購入しなきゃな。

104SHアップデート

前回ので少しはと思いきや、まだまだ不具合がてんこ盛りの104SHですが、更なるアップデートが行われる。

1. パソコン用メディアファイル管理ソフト「MediaJet」を追加しました
2. Wi-Fi接続時、より繋がり易いアクセスポイントを選択するよう改善しました
3. 設定時間にアラームが鳴らない場合がある事象を改善しました

アラームが改善したのがうれしいですね。鳴らない事なんて当たり前でしたからね。

メールクライアント、いや電話帳かな、表示しては消える現象。そっちは何とかならんだろうか。

買います宣言した方がもれなく貰えるモバイルバッテリーですが実際に使ってみました。



Panasonic USB対応モバイル電源パック リチウムイオン5400 ホワイト QE-PL201-W

こやつ、給電能力が弱いと思われる。スーツで充電しててもなかなか充電が終わらなくて焦った。パナソニックのはガンガン充電していく感じだっただけに残念。

付属のケーブルは「データ転送・充電」タイプなので、他のモバイルバッテリーを使用する場合は別途「充電」専用のを購入した方がいいです。私はパナソニックので充電できなくケーブルを後から買った口なので大声では言えませんがw

って事で、SoftBank SELECTIONのモバイルバッテリーのUSBの口に「データ転送」を無効にする加工がなされているようです。

最近、普通のフィーチャーフォンに戻りたくてしょうがない私でした。

モバイルバッテリー

今月の15日より、外での仕事になるのでスマートフォンのバッテリー問題を解決しなくてはならなくなった。

一応、104SHの買います宣言しているので、プレゼントでモバイルバッテリーが送られてくるのだが、それまで待ってられないのが実情。

いろんなメーカーの口コミなんかを見ると、ん~どうしようって感じになり、どれを買っても放充電500回位までってのは仕様。バッテリー自体はそれほど個体差が無いって事だろう。

1.jpg

それでも最初位は安心をって事でPanasonic USB対応モバイル電源パック リチウムイオン5400 ホワイト QE-PL201-W
を購入。鞄の中に入れてしまえば気にならない重さ。

ACアダプターがちょっと曲者かもしれない。

2.jpg

家庭用コンセントならいいけど、オフィスとかにある6口とかのコンセントだと左右の2個にしか挿すことが出来ない。オフィスに持っていくかって問題もあるけど。

試した事もないけど、パソコンのUSBへのUSBメモリーとか使えなくしてある状態で、USBとモバイルバッテリーまたはスマートフォンを接続して充電って出来るのかな。初日に聞いてみよう。

いずれにしてもACからかUSBからの充電しか出来ないわけだし。

しかし、付属の充電ケーブルが両方刺した状態で37cmと褒められた長さじゃない。

3.jpg

なので本気で充電に支障のない長さですね。仕事帰りにスマートフォンのバッテリーが少なくなってきた時様に1mのケーブルは欲しいですね。これは自分で買いなさいって事なんだろうな。人それぞれ使い方があるからね。

総括すると、各端子もしっかりした作り出し、海外製の様にアタッチメントがあるわけではありませんが、まず安心感のあるモバイルバッテリーじゃないかな。

5400mAhなので2回はスマートフォンを充電できそうだし、出力は最大5V1.5Aだから充電が不安定になったり、充電できない事はないでしょう。


※追記:世の中そんなに甘くありませんでした。104SHには充電できませんでした。940SHは充電出来て、921SHは充電できない。Creative MOZAIC ZENとLBT-MPAR300BKは充電できる。出力電流が足りてない気がするんだけどな。初期不良かな。3本のケーブルが全滅で、フィーチャーフォンの充電用系ブルにmicroUSB変換アダプタ付けても充電は開始されない。

明日にでも充電専用ケーブル買って、それでも充電しない様だったら店に行ってどうなるかだな。

※追記2:安い充電専用のUSBケーブルで繋いだら充電出来ました。データ通信と充電を切り替えれるものでも大丈夫そうですね。無駄銭にならなくて良かった^^v

東電、家庭用10%値上げ申請へ 7月にも実施

なんだかんだ言って、やはり値上げになるのね。

東京電力が今春、政府に申請する家庭向けの電気料金の値上げ幅が、約10%になることが5日、わかった。認可手続きを経て、早ければ7月にも値上げする。4月からの企業向け料金の値上げは平均17%だが、家庭向けは、料金を算定するもとになる原価(費用)を絞り込んだ新しい基準で申請する。

1割も上がったら大変だな。節電で1割分に節約できるかが問題。

我が家では24時間稼働するサーバーと、日中稼働するPCたちとNASがあるのでエアコンの電源を切るかw

10%の値上げの場合、平均的な家庭で月600円程度、電気代が増える。

うち、平均的な家庭じゃないんだな、多分。

電気代の値上げと一緒にガス代も値上げするわけですが、経営努力とか人員削減とかちゃんとやってるのかな。年度末の無駄な工事で割増運賃とられてる気がしないでもないが。

はたして、我が家にはどんな金額の明細書が送られてくるだろうか。

 

FreeNAS-8.2.1-ALPHA

FreeNASの8.2系なんだけどアルファバージョンが続き、なかなか私の使用範囲では安定してくれない。

iSCSIは取り敢えずWindowsから使う範囲では問題なさげ。

問題はCIFS、Windows共有なんだな。ベンチするくらいなら問題ないんだけど、複数のファイルをコピーすると幾つかのファイルでコピーに失敗した旨のダイアログが出て、再試行しても無駄。スキップすれば該当ファイル以外はコピーを続行する。

そのコピーに失敗したファイルを単独でコピーすればコピーできるので、CIFSの実装の問題かもしれない。

CPUもCeleron G1101なので圧縮のオプションを入れると劇遅なので取り敢えずオフ。

何よりディスクが遅い。分かって買ったんだけど、SATA3で5400rpmはSATA2でも速度は変わらないだろうね。

しっかし、地震やら洪水やら天災が多かった去年一年の影響がいまだに色濃く残っているのが分かりますね。

おかげさまで、FreeNASでバックアップのバックアップを取るための入れ物が出来ない。

そう言えば、8.2系でプラグインが出てるみたいだな。取り敢えずマルチメディア系の事はまだ先になりそうなのが悲しいね。

将来的にはメーカー製ハードディスクレコーダーをやめて、パソコンで録画、DLANなどを使用して映像配信なんてしたいんだけど、妻帯者で安月給な私には指を何本増やせば数えられるか分かりませんわw

最近はナイトビルドを追いかけるのを停止して、ベータになるのを気長に待つ私です。

 

 

NexentaStor Communty edition 3.1.2 しかし

何だろうな、前はiSCSIしか試さなかったので気が付かなかったけど、CIFSでデフォルトのゲストでのアクセスを許可した状態で共有にアクセスすると、ユーザーとパスワードが求められるんだけど。

ユーザーもsmbしか割当たってないし、何か忘れてるのかな・・・。

やっぱり、無難にFreeNASで過ごすか。

ESXi5.0とFreeNAS8ナイトビルド

FreeNAS-8r7570-amd64.isoもハズレでした。

FreeNAS 7.2の最新ビルドが暫定ながら対応して使える状態なので、残念です。

freenas istgt[1836]: istgt_iscsi.c:2088;istgt_iscsi_op_login: ***ERROR lu_find_target() failed

なんてコンソールに出ているので、ESXi 5.0のログイン周りのロジックが変わったみたいですね。

どっちが問題なのか分かりませんが、業務用に売られているiSCSI対応のNASも使えないのがあるようなので、これ以上追及するのが面倒。

早く使えるようにならないかな。

ESXi 5.0でFreeNAS 8がiSCSIターゲットになり切れない

FreeNAS-8r7520-amd64.isoでやっとストレージのデバイスが認識されるようになった。

1.gif

これで使えるかと思ったら・・・。

“ESXi 5.0でFreeNAS 8がiSCSIターゲットになり切れない” の続きを読む

決めかねるストレージサーバー

OSSや昨日限定無料版と数種類あるNASディストリビューション。

使って一番良かったのはopen-eですかね。ただ、2TBまでしか使えないので、我が家のストレージサーバーにするには無理。

予定では2TBのRAID 1を2つ作る予定なので、open-eがもう少し緩めて、出来れば有償版ももっと安くしてくれればいいのに。設定は簡単だし、ESXiからも問題なく認識するし。

FreeNAS 7.2がWindows 7からは見つけられて接続できるのにVMware vSphere Hypervisor 5.0からは見えるけどiSCSIのデバイスが見えない。わけわかめ。

OpenFilerはディスクが他のOSなどでフォーマットされていると何もできないし、CentOSのライブCDでもパーティションの削除すらできない。

結局、母艦のWindows 7の外付けケースに入れてDISKPARTでcleanで初期化。

VMware vSphere Hypervisor 4.1の時は問題なかったのにな、FreeNAS 7.2。

一番の問題はVMware vSphere Hypervisor 5.0からopen-eのISCSIターゲットしか見えない事かな。FreeNASのナイトビルドでも見つけないんだよな。はてはて。

VMware vSphere Hypervisor 5.0でFreeNASの様なディストリビューションでISCSIターゲットに接続できるの、誰か教えて><;

VMware vSphere Hypervisor 4.1のままの方が良かったかな。

“決めかねるストレージサーバー” の続きを読む