XSERVERにてWordPressのマルチサイト化 その2

タイトルが間違ってました。なので再度雑記をと。

マルチサイト化ですが、何度失敗したことか。

MovableTypeを使用していた時は、なんの疑問も持たず、マルチサイト化できていたので、心が何度折れたことか。

思うに、XSERVERのようにドメイン、サブドメイン単位でディレクトリーの構成が決まってしまうレンタルサーバーではマルチドメイン化は、普通にやると失敗してしまう。

さくらのレンタルサーバのようにディレクトリーの構成を自分で指定できるレンタルサーバーでは問題なくできてしまう。

私の場合、Wordpressをインストールするサブドメインともう一つのサブドメインでディレクトリーを個別に設定してしまい、撃沈されたわけですが。

まだ、初期状態の確認をしただけですので、このブログをそちらに引っ越ししながら、記録に残していけばいいかなと、のんびりと構えてます。

前提条件

XSERVERのような、ディレクトリを指定できないレンタルサーバーか、ディレクトリ構成を設定できるがすでに使用していて、移動が困難な場合を前提にしています。

また、SSHが利用でき、lnコマンドが使えることが最低条件になるかと思います。

嘘があったら、コメントでお知らせください。

WordPressをインストール

まずは、Wordpressをインストールするメインのドメイン(サブドメインでも)を決めます。

インストールは普通に行ってください。

設定ファイルの編集

WordPressの設定を変更しないと始まりません。『wp-config.php』ファイルを変更します。

define(‘WP_ALLOW_MULTISITE’, true);

WordPressに入りなおすと、『ツール』に『ネットワークの設定』なんていうメニューが追加されます。

ここで必ず『サブドメイン』を選択してインストールしてください。

最後に、『wp-config.php』と『.htaccess』ファイルを変更しなさいと表示されますので、変更してください。

サイトの追加

この辺りは、それぞれ適切な値を決めて作成してください。

プラグインのインストール

複数ドメインの運用にはプラグイン『WordPress MU Domain Mapping』を使います。サブドメインの場合にも必要なのかはよく調べていませんが、私がサブドメインを構築した際には、インストールしてマッピングしました。不要なのかもしれません。

いよいよ試してみる

Wordprssをインストールしたサイトは、問題なく表示されると思います。当然、管理画面も。

まず、追加したサイトの管理画面を見てみましょう。エラーで表示しませんね。当然です。とび先のリンクにWordpressが存在しませんから。追加したサイトもエラーで表示されません。

冷静にマルチサイト化の解説サイトをみる

サブドメインにインストールする解説で、いままで書いてきた内容が事細かにスクリーンショットも交えて解説されている。

がしかし、肝心なサイト(論理)と実体(物理)との組み合わせを解説してるところがないので、どうでもいいんだろうと思い込んでいた私がいます。

ある意味、共通化する

ここでは2つのサイトを使用していて、Wordpressをインストールしたサイトは問題がない。では、問題のあるサイトが問題のないサイトを内部(物理)的に参照できるようにします。

WordPressをインストールしたサイトの物理構造をそっくりもう一つのサイトで再現するだけです。ここからは、lnコマンドでシンボリックリンクを張るだけです。

今回は、『http://xxxxx.com/』にインストールしてしまったので、トップディレクトリーに配置したファイルはすべてシンボリックリンクを張り、残りのディレクトリーはディレクトリー単位でシンボリックリンクを張ります。

結果

再度、見れなかったサイトを見てみましょう。管理画面を含めて正常に表示できるはずです。

え?みれませんでしたか?

私と一緒に、勉強しながらチャレンジしてみましょう。

取り敢えず最後に

今回は、サイトのトップにインストールしたので、wpなどのサブディレクトリーに配置しても動作するのか試してみたいです。これには理由がありまして、上記にも書きましたが、ファイルを直接シンボリックリンクしているので、Wordpressのファイルが増減されると、アップデート後に手動で操作しなくちゃいけなくなりますからね。

サイトテーマの骨組みを作りながらので、のんびりになるかもしれません。

これだけでやりきった感がある私って何?

 

MovableTypeからWordPressへ引っ越し

今回、Movable Type Pro 5.2.6からWordpress 4.0への移行過程をメモしておきます。

まず、MovableTypeのエクスポートを行ってみる・・・。ん、何かが足りてない。そうなんです、パーマリンクとかかサックリなくなっています。このままじゃいけないというので検索してみた、ありました。

下記の操作の前に、必ずバックアップを取ってください。

MovableTypeからWordPressへの完全移行方法

どうやら/lib/MT/ImportExport.pmを変更するらしい。

[perl highlight=”2,3,4″]
DATE: <$MTEntryDate format="%m/%d/%Y %I:%M:%S %p"$><MTEntryIfTagged include_private="1">
PERMALINK: <$MTEntryPermalink$>
TAGS: <MTEntryTags include_private="1" glue=","><$MTTagName quote="1"$></MTEntryTags></MTEntryIfTagged>
ID: <$MTEntryID$>
[/perl]

上記の「DATE:」という記述を探し、その下に「PERMALINK」「EntryIfTagged」「ID」の行を追加します。

後はエクスポートです。

エクスポートしたファイルを眺めていると、あれ、パーマリンクの「post-1」などが「post_1」に変わっているではありませんか。これじゃ困るので置換しましょう。

テキストエディタなどで「BASENAME: post_」を「BASENAME: post-」に変換し保存します。安全のため、ファイル名を変更して保存します。

下準備はできたので、Wordpress側のインポートのプログラムを編集しましょう。

WordPress 3.0にMovable Typeのタグをインポートする

まるっと転載させて頂きます。

wp-content/movabletype-importer配下にある、movabletype-importer.php編集。

[php highlight=”27,28,29,30″]
function save_post(&$post, &$comments, &$pings, &$tags) {
  $post = get_object_vars($post);
  $post = add_magic_quotes($post);
  $post = (object) $post;

  if ( $post_id = post_exists($post->post_title, ”, $post->post_date) ) {
    echo ‘<li>’;
    printf(__(‘Post <em>%s</em> already exists.’, ‘movabletype-importer’), stripslashes($post->post_title));
  } else {
    echo ‘<li>’;
    printf(__(‘Importing post <em>%s</em>…’, ‘movabletype-importer’), stripslashes($post->post_title));

    if ( ” != trim( $post->extended ) )
      $post->post_content .= "n<!–more–>n$post->extended";

    $post->post_author = $this->checkauthor($post->post_author); //just so that if a post already exists, new users are not created by checkauthor
    $post_id = wp_insert_post($post);
    if ( is_wp_error( $post_id ) )
      return $post_id;

    // Add categories.
    if ( 0 != count($post->categories) ) {
      wp_create_categories($post->categories, $post_id);
    }

    // Add tags or keywords
    if ( 1 < strlen($tags) ) {
      // Keywords exist.
      printf(‘<br />’.__(‘Adding tags <em>%s</em>…’, ‘movabletype-importer’), stripslashes($tags));
      wp_add_post_tags($post_id, $tags);
    }
  }
  …中略…
}
[/php]

[php highlight=”14,34,42,51,52″]
function process_posts() {
global $wpdb;

$handle = $this->fopen($this->file, ‘r’);
if ( $handle == null )
return false;

$context = ”;
$post = new StdClass();
$comment = new StdClass();
$comments = array();
$ping = new StdClass();
$pings = array();
$tags = ”;

echo "<div class=’wrap’><ol>";

while ( $line = $this->fgets($handle) ) {
$line = trim($line);

if ( ‘—–‘ == $line ) {
// Finishing a multi-line field
if ( ‘comment’ == $context ) {
$comments[] = $comment;
$comment = new StdClass();
} else if ( ‘ping’ == $context ) {
$pings[] = $ping;
$ping = new StdClass();
}
$context = ”;
} else if ( ‘——–‘ == $line ) {
// Finishing a post.
$context = ”;
$result = $this->save_post($post, $comments, $pings, $tags);
if ( is_wp_error( $result ) )
return $result;
$post = new StdClass;
$comment = new StdClass();
$ping = new StdClass();
$comments = array();
$pings = array();
$tags = ”;
} else if ( ‘BODY:’ == $line ) {

…中略…

} else if ( 0 === strpos($line, "CATEGORY:") ) {
$category = trim( substr($line, strlen("CATEGORY:")) );
if ( ” != $category )
$post->categories[] = $category;
} else if ( 0 === strpos($line, "TAGS:") ) {
$tags = trim( substr($line, strlen("TAGS:")) );
} else if ( 0 === strpos($line, "PRIMARY CATEGORY:") ) {
$category = trim( substr($line, strlen("PRIMARY CATEGORY:")) );
if ( ” != $category )
$post->categories[] = $category;
…中略…
}
}
…中略…
}
[/php]

 

上記に加えて

[php highlight=”8,9,10,11,12,13″]
function process_posts() {
global $wpdb;

…中略…

} else if ( ‘COMMENT:’ == $line ) {

$context = ‘comment’;
} else if ( ‘PING:’ == $line ) {
$context = ‘ping’;
} else if ( 0 === strpos($line, "PERMALINK:") ) {
$value = trim( substr($line, strlen("PERMALINK:")) );
$tmpvalue = strrchr($value,"/");
$post->post_name = substr($tmpvalue, 0, strpos($tmpvalue, "."));
} else if ( 0 === strpos($line, "TAGS:") ) {
ns/movabletype-importer$tags = trim( substr($line, strlen("TAGS:")) );
} else if ( 0 === strpos($line, ‘AUTHOR:’) ) {
[/php]

これでインポートの準備は完了。

MovableTypeが出力したhtmlファイル(PHP化されている方はphp)ファイルを削除して、それトップページを見てみましょう。

ん~いい感じだけど、パーマリンクが・・・・・・エクスポートしたはずなのに・・・。

んで、Wordpressの管理画面を開いて、[設定][パーマリンクの設定]を開きます。

私の場合は年月で記事を吐き出していたので、カスタム構造を選択し

/archives/%year%/%monthnum%/%postname%.php

な感じです。無事にパーマリンクを引き継げました。

あとは、MovableTypeで管理していた画像たちWordpressのメディアに登録し、Movabletypeの痕跡を消してしまいましょう。

MT形式からWordPressへ移行した際に画像をインポートするプラグイン

ダウンロードして、FTPなどでアップし、プラグインを有効化し、実行、停止、削除、これだけです。

記事に埋め込まれているURLもしっかりと書き換えてくれる優れもの。

確認後は、バッサリ消してしまいます。

このブログのURLの中身は.htaccessとindex.php、favicon.ico、そしてメディアとして登録されたuploadsのみです。

だらだら書きましたが、これで全てです。

あしぺた7は禁止行為

あし@よりお知らせが出ています。

表題の「あしぺた7」というツールに関してですが、
あし@では、ご利用規約 第8条(禁止事項) にて明記の通り、
「自動巡回ツールを使用するなどして、無差別にあしあとを付けたり、
メッセージやコメントを送信するスパム行為。」を禁止させていただいております。
また、あしぺた7を利用したユーザーによるスパム行為を受けているとの通報もございます。

つきましては、上記「あしぺた7」を利用されていると判断されたユーザー様につきましては、
今後強制退会の処置をとらせていただきますのでご注意くださいませ。

巡回自体は昔からあったので、あえて不正だとまでは言い切りませんが、メッセージを送信したりコメントを送信したり、盛り沢山な機能があると完全にブラックだよな。

そもそも、こういうコミュニケーションサイトでアクセスアップをしようと言うのが間違ってるよね。実際、宣伝文句ほど増えるはずもない。実際、手動であし@に登録されたサイトを見て回っても、増えないもん(私だけかも)。

このサイトも殆どがGoogleからの検索だしな。

こういうサイトもそうだけどFlashを使っているブログパーツも順次、このブログから撤去しようと思っている。特に夜のアクセスの多い時間にレスポンスが遅い奴も対象で。

こまめな更新とpingだけで頑張ろうよ!

 

訳あってGDLに挑戦

IDLの開発用ライセンスは今月一杯あるんだけど、GDLが互換だというのでどこまで互換性があるのか試したく、インストールに挑戦してみた。

バイナリパッケージは沈没したので、ソースからコンパイルする事に。

使ったソースは、

これを

rpm -ivh gdl-0.9-0.14.rc4.fc14.src.rpm
yum -y install readline-devel
yum -y install zlib-devel
yum -y install gsl-devel
yum -y install plplot-devel
yum -y install ImageMagick-devel
yum -y install ImageMagick-c++-devel
yum -y install netcdf-devel
yum -y install openmpi-devel

の順番にインストール。

“訳あってGDLに挑戦” の続きを読む

MovableTypeの罠

先ほどの記事を投稿したら、Pingを送る段階で「HTTP::Message content must be bytes」なんてエラーが出てPingされない模様です。

いろいろ調べてみるとPingしなければいいらしい。確かにテスト環境ではPingの設定を消しているので問題なく投稿できた。

でぇ、一応、このエラーを回避するプラグインがあるらしい。

http://tec.toi-planning.net/FixPingUpdate.zip

私はこの投稿でテストですけどw

MovableType 5へバージョンアップ

今年も本日で終わりと言う事で、MovableType 5へアップグレードしてみました。ただアップグレードするだけだと重くなるので、相方は取り合えずスタティックパブリッシングのままで、私のこのブログだけPHP化に変更しました。

“MovableType 5へバージョンアップ” の続きを読む

なぜか切断されるネット

ここ数ヶ月、ネット自体は切断されるわけじゃないんだけど、ネットゲームやWindows Live Messengerなどが切断されるという現象に悩まされている。

“なぜか切断されるネット” の続きを読む

邪魔なを削除してみる

どうやらいろいろ調べてみると、この<$MTEntryTrackbackData$>ってタグ、スパムトラックバックの温床になる模様。さらに、サイズが小さくなるので、2度美味しい ( ゚Д゚)グラッチェ

うちの場合、アーカイブテンプレートのブログ記事内にある<$mt:EntryTrackbackData$>を、テンプレートモジュールのブログ記事の概要内の<$mt:EntryTrackbackData$>だけでした。

どうせ、画面に表示される訳でも無いし、

<rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
         xmlns:trackback="http://madskills.com/public/xml/rss/module/trackback/"
         xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/">
<rdf:Description
    rdf:about="/blog/archives/2009/03/post-1.html"
    trackback:ping="/mt/mt-tb.cgi/999"
    dc:title="エントリータイトル"
    dc:identifier="/blog/archives/2009/03/post-1.html"
    dc:subject="カテゴリ"
    dc:description="エントリー概要"
    dc:creator="エントリー投稿者"
    dc:date="2009-03-25T22:58:40+09:00" />
</rdf:RDF>
-->

なんて、余計な物を吐き出されてる訳です。

先日、スパム対策を行ったばかりなのに、トラックバックのURLがばっちり書いてあるし。こんなタグ一つでやられたら、対策のしようがないじゃんね。

ってことで、これを無くしたので、更なるスパムトラックバック対策になるでしょう♪

遊泳

最近、Yahooやここでも使ってるあし@などでいろんなブログを遊泳していて思うことがあります。

なんか業者のブログ多くね?

中には、

※私達は真剣にビジネスに取り組んでいます。いい加減でビジネスを始めようとしている方はご遠慮ください。

とか、おもっきり、私は業者です!って叫んでるのが痛々しい><

何がって、会社の名前を名乗らないで、「資料請求はこちら」とか言われると悲しくなるw

ブログの新着とか見てると、いかにも業者です!って感じのタイトルで30分単位で同じのが出ているなんて、当り前のようですね。やっぱ、ping送信ツールとか使ってやってるんだろうな。

まあ、そういうのを見なきゃいいんだろうけど、運のいい私はよく出会う><;

pingサーバ

MT標準で送れるところだけだと寂しいので、pingサーバを追加してみた。

これで更なるアクセスアップに繋がるでしょうか。相方のブログのアクセス数とこのブログのアクセス数が余り変わらない。やっぱり、内容の問題かな^^;