Published: 
AV・家電

2年使ってやっと分かった不具合。

ほぼリアルタイムでテレビを観ない我が家では、ハードディスクレコーダーが操作不能になるのが致命的。

これが年に数回発生するから始末が悪い。

どうやら、予約してある番組が、前の番組で延長が入るとその間が録画準備中という状態になり、一切の操作を受け付けなくなる。予約した番組の録画が開始されると操作できたので、間違えないだろう。

今回以外に発生した時も同様かもしくは、予約してある番組が無かった場合にもこの状態になっている可能性がある。

過去にはソニー製のを使っていましたが、「録画準備中のため操作できません」なんて馬鹿な表示はされなかった。

なぜ録画を実行する30秒ほど(計測したことが無い)ですが一切の操作が出来なく、不便を感じていたのに、ここに問題があるとは愕然とした。

ここ十数年の製品はテレビとレコーダーがペアである場合に便利な機能が利用できるので、レコーダーを買い換えたいと考えると「テレビも買い替えかよ」という流れになってしまう。一つのリモコンで複数の機器を操作できるのは便利だし、余計なリモコンを使用しなくて済むし、テーブルの上にリモコンが1個しか無いのは、家電音痴な人にもいいと思う。

シャープに限った事ではないが、白物家電の最低限の基本機能はちゃんとテストして欲しいものです。特に日本人はあれこれ余計な機能が多いのを好む人種でメーカーもそのニーズに合わせているのであろうが、基本機能のテストはきちんとして欲しいものです。

最近、ドコモから発売されたスマートフォンもそうですが、素人でもすぐに分かる不具合があるのが見つけられないってのは、海外で生産テストされ、国内でのテストを行わず発売しているのでは?と思われても仕方ない事だと思う。

最後に、「不具合を仕様です」と言う事の残念さを改善して頂きたい。なぜ不具合を不具合だと認めないのでしょうかね。認めた上で改善すればいいと思うのだが。不具合を仕様ですと言われたら、私はそのメーカーなりを信用できなくなります。

0