Published: 
クルマ

新型「プリウス」試乗レポート–内装や新機能をチェック(CNET Japan)

いよいろ、少し期待していた新型プリウスの情報が出てきた。

トヨタ自動車は、従来モデルのプリウスでの継続的な成功を損ないたくないと考えており、この新型車は、従来モデルと根本的に変わっているわけではないということだ。

あちゃ?、エンジンだけ変えて、そのまんまかよ。結構、期待してたんだけどな。ちょっと保守的過ぎじゃありませんかトヨタさん。販売チャンネル増やしても、これじゃただのマイナーチェンジだね。

新しいACC機能は、車両前方のレーダーを使用して、前方車両の速度を判断している。試乗では、この機能は必要になればかなり急激にプリウスの速度を落とすことが分かった。しかしこの機能は、時速30マイル(約48km)以下でしか作動しない。

って、高速道路じゃ使えないってか。あんまり意味ないんじゃないかな。排気量をアップしたのは高速道路でのトルクと燃費のためじゃないの?それが48Kmまでしか作動しないなんて、都内でトロトロ走ってる時だけじゃん。AAC機能は、無い物として考えなければなりませんな。

車線逸脱防止システムは、レーンキープアシストと呼ばれる機能と連動して機能する。横にずれて車線を越えると、車両は警告音を鳴らしてから、実際にハンドルを動かして、車線内に戻す。この機能を試すには最適の道路ではなかったものの、筆者らがこれを試してみたところ、警告音は聞こえたが、ハンドルを引き戻す力は実際に感じられなかった。

これもだよ。警報音だけだしても車の体勢を戻すように働かなったら意味ないよね。

こう、レビューを呼んでいると、多少の改善はあるものの、全体的にな?んにも変わってない。買い替えの候補だっただけに、残念な結果。

0