Published: 
PC

MS、「Internet Explorer 8」日本語版を20日午前1時から公開(窓の杜)

米Microsoft Corporationは18日(現地時間)、同社製Webブラウザーのメジャーバージョンアップ版となる「Internet Explorer 8」(以下、IE 8)の公開を、東部夏時間19日正午(日本時間20日午前1時)から開始すると発表した。同社のWebサイトから、日本語を含む25カ国語に対応したIE 8がダウンロード可能になる予定。

出ますね。とうとう正規版が公開されますね。他のブラウザがラッシュのごとく新バージョンを公開してたので、マイクロソフトもちょっとあせったか?w

それはそうと、HTML関係が標準に準拠するようになっているので、今まで見れていたサイトのデザインが崩れるところが出てくるんだろうな。

厄介なのは、インターネットバンキングとか構造自体のセキュリティが強化されているところが一番やばげ。こういったサイトはブラウザ単位でスタイル変えたり、JavaScriptの挙動を変えたりしてるから大変。

自分が利用している重要なサイト(インターネットバンキングなど)がInternet Explorer 8に対応するのを待つか、Internet Explorer 8のInternet Explorer 7エミュレートモードを常時使うか(これもどこまでちゃんとエミュレートするかわからないけど)ですね。

そんな私は、Virtual PCで『お気に入り』に入れてあるサイトを確認して、大丈夫そうならメインPCへ導入かな。

そうだ、サイトやブログを運営している方で、メタデータの変更が出来るのであれば、

<meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=EmulateIE7″ />

を追加すると、Internet Explorer 7エミュレートモードに自動的に変更されるらしい(どこのサイトで見たんだっけな・・・)。一応、このブログにも追加してあるけど、どうなるのかは未確認^^;

0