Published: 
PC

昨夜、YAMAHAのRT57iが突然反応しなくなった。当然、自宅にあるPCは全てインターネットへ接続できない状態になった。

まず第一に自分のPCを固定アドレスに変更。次にルーターへアクセス。…ダメか。

仕方なかったので、ルーターを工場出荷時に戻した。

戻すのもマニュアルなくして、WillCOM D4でPHSでインターネットですよ。激遅w

それでも、INITボタンを押しながら、RESETとボタンを押して戻す、INITボタンを戻すと、ちょっと面倒な手順だった。

んで、次に調べなければいけないのが、初期時のルーターのアドレス。

こいつは、ネットですぐに発見。192.168.100.1がデフォルトの設定になっている。

あらかじめ、YAMAHA RTシリーズ専用ユーティリティ・プログラムからRT-Tftp Clientをダウンロードしてください。

192.168.100.1でアクセスできたらtftp host anyを実行し、外部からの設定を受けたり取得できる状態にします。

次にtftpを使って、バックアップしてあったconfigをアップロード。

すぐにパスワードを設定しないと、設定が適用されません。また、一定時間が経過すると、ランダム?なパスワードが設定されてしまうので、その場合、INITボタンを10秒押してください。その後、10秒以内であればパスワードを入力せずにRT57iに接続できます。

作業が終わったら、no tftp host anyを実行するのを忘れないように!

自分のPCをサイドDHCPで取得するように戻して再起動。めでたくRT57iからIPアドレスが付与された。ここで、ファイルサーバーを除く全ての機器が元の状態に戻った。

ノートンでネットワークセキュリティマップをみると、ファイルサーバーだけが、正常になってない。あれ、変な設定したっけな。

そうだ、configファイルを取り出すためにファイルサーバーも192.168.xxx.xxxに変更したんだった。

こっちも戻して、さあ、これで終わったと思ったら、ネットワークセキュリティマップでファイルサーバーだけが正常にならない。おまけにLANは見えるけど、インターネットが見えなくなっちゃった。

久々のトラブルだし、薬を服用した後だったので、ちょっとモウロウとしながらあっちこっち設定。

まずはノートンの入れなおし。これは難なく終了。ネットワークセキュリティマップでも正常に見える。

しかし、ファイルサーバーがインターネットにはまだ繋がらない。TCP/IPの設定とにらめっこして10分、「あ、デフォルトゲートウェイがxxx.xxx.213.xxxになってない。xxx.xxx.231.xxxじゃインターネットに繋がるはずがない」。薬の効果はすごいもので、こんな単純なミスに気が付くのに時間が掛かる。

設定を直してしなえば、ルーターがおかしくなる前と何にも変わっていない状態に復帰した。

しかし、一度にルーターとノートンがおかしくなるとは、奇遇だな。

ってか、ルーターがネットワーク上から見えなくなったのは今回が初めて。さすがに壊れたかと思い、バッファローの無線LANをルーターモードにして、入れ替えようかと思った位だ。

ここでの教訓は自宅でも非常用回線が必要だと思ったこと。

WILLCOM D4がなければ、マニュアルを探して三千里ってことになったな。

実は家計が苦しくなってきたのでPHSを休止しようと考えていた時にこんなことになった。

まっちく、ついていないっていうか、祟られてるっていうか。

LANケーブルの予備もなくなってきたし、次の仕事が決まったら、LANケーブルとか予備品をそろえておかないとか。

はぁ、もう6時だよ。7時間も格闘してしまった。

0