Published: 
PC

ファイルサーバーで使用しているHDDをメインPCに接続する為、現在LAN経由でバックアップしてるのですが1TByte以上あるとなかなか終わらない。何せ基幹は1Gbpsで接続されているんだけど、ファイルサーバーのネットワークボードが100Mbpsなので遅い。

まっちく、この為だけに1Gbpsのネットワークボードを買うわけにはいかないので、先にケースクーラーを買う事にした。

まずは、前回同様にフロントクーラーにSCYTHE KAZE-JYUNI 800rpmを1個追加。それぞれマザーボードの3pinコネクターに接続。

 こいつは800rpmだけあって、めちゃくちゃ静かです。2個目を追加しても私にはまったく気にならない。3pinなので固定で800rpmなんですけど、HDDを冷やし続けて貰わないといけないのでいいかなっと。どうせ新しいファイルサーバーを作ったときにはなくなるので、これ以上の高回転は不要かなと。

現行、普通に使っていて(ファイルサーバーからのコピー中)室温+3℃ほどなので十分じゃないかと。

でぇ、その熱をこもらせない為にケースサイドクーラーも追加。こちらは、OWLTECH OWL-FY1225PWMという物で500~1650rpmです。マザーボードに4pinファンコネクターがあるのでそちらに接続。

 ケースを机の左側に置いてあり、ケース左側に設置ということもあり、音的には気にならないかな。流石に温度で回転数が変化するのでクーラー側に耳を向けると少々音が気になる程度。こいつがいい効果が出るかは不明。位置的にGPUに近いので上位のGPUを買ったときに効果が出るのかな。

まあ、これで後付けできるクーラーを全て付けたので、気分的には安心。

後は、実際にHDDを4基追加したときにどうなるか楽しみ。

猛暑になると実際のケースない温度もそうだけど、クーラーが多く付いている安心感はなかなかいいですね。昔はこんなに発熱しなかったから、フロント・リアに各1台クーラーを付ければ十分だったんですけどね。

しっかし、この猛暑はいつまで続くのかな。皆様も熱射病には気をつけてください。結構、病院に運ばれている人が多いとニュースでやってましたので。